« エルマー宅付近の様子 | トップページ | Leverkusen へ »

2009年9月 9日 (水)

欽ちゃん球団VS中日ドラゴンズ二軍

今日、ナゴヤドームで中日ドラゴンズの二軍と、欽ちゃんこと萩本欽一監督(通称:キントク)率いる茨城ゴールデンゴールズとの交流試合 baseball が行われました。

観戦へは行けなかったものの、幸いTV tv で生中継されていまして、試合途中から見ることができました。ナゴヤドームには、二軍の試合とはいえ、あの欽ちゃん球団との交流試合が見られるとあって、16000人ものファンが観戦に訪れたようです。試合は、交流試合とはいえプロの意地、「負けるわけにはいかない」と中日二軍がリードしていました。

しかし、この試合、先制点を取ったのはゴールデンゴールズでした。元プロ野球選手もいるようで、初回3番バッターの酒井選手(元中日、ロッテ、楽天で活躍)のタイムリーヒットで1点を先行したそうです。すると、中日の二軍選手は気を引き締めたのか、その裏の攻撃で3点を取り逆転。その後も2点を追加し5-1とリードし、最終回を迎えました。

9回表、ゴールデンゴールズの攻撃が始まりました。まず最初のバッターを打ち取りました。するとここで、辻・中日二軍監督が審判に選手の交代を告げたようです。ナント!それは・・・

「ピンチヒッター、片岡安祐美」coldsweats02ナ・ナニ?

エッ sign02 相手チームの選手交代なんですけど~?いいのでしょうか~? happy02 そりゃ、もちろん普通なら絶対にあり得ないし、できないことです。でもそれが、この試合の楽しいところでしょう。それに、片岡安祐美選手と言えば、欽ちゃん球団の顔として、知っている方も多いはず。欽ちゃんは「まさか相手チームからこっちの選手の交代をさせられたのは、初めてだよ」とおどけていました。当の片岡選手は「エッ sign02 ワタシ?coldsweats02 」というような顔をして、急いでヘルメットをかぶりバットを持って、バッターボックスへ。

スタンドは大いに沸いていました happy01 。欽ちゃん球団唯一のアイドル選手の登場に大歓声でした。私もこれには「粋なことをしてくれるなぁ good sign03 」と笑ってしまいました happy01 。ピッチャーは思わぬ女性選手の代打での登場に、投げにくそう。ストライクが入らずボールが3球続いた後、やっと1ストライク。相手が女性とあって、少し手加減したようなボールに見えました。とはいえ、プロです。球速120~130km/hは出ているでしょう。そして次のど真ん中に来たボールを、片岡選手は見事に打ち返しました coldsweats02オッ !。

打った瞬間、それだけでも「オォーッ coldsweats02 sign03 」という歓声。それどころか、打球は内野の頭を越えレフト前へポトリ!ナント!見事にヒットを打ち、期待に応えたのですcoldsweats02スゲェ 。観客は大喜びです。打った片岡選手も一塁ベース上で大喜び。私は、テレビの前で笑いながら拍手していました happy02

その後、2アウトとなり、ゴールデンゴールズ最後のバッターを迎えます。そこで再び辻・中日二軍監督が選手の交代を告げました。

「ピンチヒッター、欽ちゃん!」coldsweats02マ・マジ !

ナント、またしても辻二軍監督は、相手チームの代打を審判に告げました。しかも、「欽ちゃん」!これにはもう、笑いが止まりません happy02 。できれば、生で見たかった・・・wobbly!欽ちゃんが金色のヘルメットをかぶりバッターボックスへ。ピッチャーは欽ちゃんが打てそうなボールを投げました。欽ちゃん、バットを振りました!かろうじて当たりました。が、ピッチャーゴロ。一塁に向かって走る欽ちゃん run 。打球を捕ったピッチャーは、ボールを一塁へ投げると思いきや、しばらく欽ちゃんと一緒に一塁へ走り、ぎりぎりのタイミングで一塁手へボールをトスし、ゲームセット。

ゴールデンゴールズの選手たちは「胸を借りる」つもりでいたでしょう。中日二軍選手は「プロとして負けるわけにはいかない」と、真剣になったでしょう。しかし、最後にはこのようなパフォーマンスを見せていただいて、本当に楽しい試合でした scissors 。このような野球の試合なら、これからも見てみたい!と思いますhappy01

|

« エルマー宅付近の様子 | トップページ | Leverkusen へ »

コメント

欽ちゃんチームとの試合はいつ見ても楽しそう。野球が大好きで、心からプレイを楽しんでいるってわかるから、こちらまで幸せになってしまいますね。前にガッツ石松(栃木県出身)のチームとやった時に宇都宮だったからか中継があって私笑い転げてしまいました。


hannaさんへ

テレビ観戦でしたが、欽ちゃんのサービス精神旺盛なマイクパフォーマンス、こんなに笑って楽しめる野球は始めて見ました。欽ちゃんが「野球が大好き」という気持ち、そして応援してくれるファンを愛する気持ちが伝わってきました。真剣勝負の中にも、ホッとリラックスして楽しめるシーンを作るのですから、スゴイ人ですね。このような試合なら、年に一回でもいいから、これからも続けてほしいと思います。

投稿: hanna | 2009年9月 9日 (水) 23時40分

ボヘミアンさんの楽しい実況中継でした。 手に取るように試合の様子がわかりましたよ。 私は十数年来のロッテファンですが、酒井さんという人は知りませんでした。  勉強不足!!

ドイツで 乗馬姿の乙女に惚れ惚れしたとのこと、  わかりますよ~ 本当にかっこいいですよね。 それがまた、牧場内でなく、野山を勝手に?歩いている姿は 本当に映画のようです。


bellaさんへ

楽しい雰囲気が伝わって嬉しく思います。ふだん目にする野球中継とは全く違う楽しいゲームでした。これほどリラックスして見られる試合はないでしょう!酒井選手はロッテ時代、内野手(セカンドやショート)として一時はレギュラー選手で活躍されました。7~8年から10年ちょっと経つかも・・・?
乗馬をしている少女は、私が見たときは、広い牧場内で練習していたのですが、でも、身につけている服はクラシックな感じの本格的な乗馬スタイルで、本当に見惚れてしまいましたヨ!写真撮り損ねたくらいですから!もっとも、勝手に撮ったら怒られるかな?

投稿: bella | 2009年9月10日 (木) 20時46分

こんばんは~
晩飯後寝てしまいこんな時間に・・・(月も撮っていたのですけど撮れないですね~)
野球のみならず球技はさっぱりなのですが、この話は面白かったです。
こういう楽しい野球を欽ちゃんは求めていたのでしょうね~


青龍○段さんへ

青龍さん、少しお疲れなのでは?ここ2~3日、気温差が激しいので、風邪などひかれぬようお気を付けください。
テレビ観戦でしたが、ホント笑いましたヨ!こんなに笑って楽しめる野球は、見たことがありません。プロが相手の交流試合でも「さすが、欽ちゃん!」、中日二軍監督が欽ちゃんチームの采配までしてしまった、いや、そのような雰囲気にさせたのですから、こんな試合は二度と見られないかも?ふだんはきっと、怒鳴られながら厳しく練習させられている二軍選手にとっても、ホッと一息つける試合、最高の思い出になったでしょう。

投稿: 青龍○段 | 2009年9月11日 (金) 02時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エルマー宅付近の様子 | トップページ | Leverkusen へ »