« 日帰り4カ国ドライブ ベルギー~ルクセンブルグへ | トップページ | ドイツの休日の普通の過ごし方!かな? »

2009年8月29日 (土)

日帰り4カ国ドライブ 再びドイツへ

15:00ごろ、帰路へと向かう car 。地図を見ながら、どの道を行くか検討する。アウトバーン1号線を Köln (ケルン)へ向かうことにする。車窓からは、のどかな風景がどこまでも続いている lovely 。途中、210Km/h で走ったことも coldsweats01 sign03 日本ではとても出せないスピードだ。

アウトバーンを降り Köln-Bonn (ケルン・ボン)空港 airplane へ立ち寄る。エルマーはここで手に入れることができる Mallorca (マヨルカ)島(スペイン)の無料の情報誌が欲しかったそうだ。また、ここへはフランクフルト空港からも1時間ほどで飛行機で来られるようで、「日本からフランクフルトで降りても、そこで乗り継いでここまで来ても、料金は同じだろう」、とのことだ confident 。乗り継ぎの時間さえよければ、一度そうしてみたいものだ。ここからならば、20分ほどで彼らの自宅へ行くことができる happy02

空港を出て Bergisch Gladbach (バーギッシュ・グラートバッハ)の街へ。しかし、自宅方面とは違うような・・・?すると Schloßhotel Lerbach (シュロースホテル・レールバッハ)という古城ホテルへ到着した。私は「なぁんだ coldsweats01 」と納得!

このホテル hotel は、たまたま私が持っていたガイドブックに載っていたのだが、私は全く気づかず、一昨日エルマーが何気にガイドブックを見て、「ジン!このホテルは、この街あるぞ wink sign01 」と教えてくれたのだ。そのページを見てみると、たしかにアドレスは Bergisch Gladbach になっていた。聞けば、彼らの自宅 house から車 car で10分ほどのところにあるらしい。「見るだけでいいから、行ってみたい」と、その時話していたのだ。

060

レールバッハ城です。今はホテル hotel として利用されています。

062

レストラン restaurant も併設されているようです。機会あれば行ってみたいけど・・・高そう・・・

しかし、このホテル、料金はシングルで1泊200ユーロ(≒¥28000;当時のレート)で、とても高い bearing 。貧乏症が身についている私には、とても泊まれるものではない weep 。もちろんこの街には、エルマーたちが住んでいるのだから、ここへ泊まる必要もない。エルマーが言うには、サッカーの試合のために訪れたブラジル代表 soccer チームが、ここへ泊まったとか!

それにしても、なかなか素敵なところだ good 。庭も広く池もありアヒルが泳いでいる。近所に住む人だろうか、犬 dog を連れて散歩している。そして何故か鉄(ブリキ?)で作られたオブジェ・芸術作品(?)が・・・think

063

ユニークな人型のオブジェです。

066

恐竜のオブジェ!というより、恐竜の骨格ですネ!

067

これは・・・蟻?それとも・・・?何だろう・・・?

17:00ごろ、この日仕事だったアンジュラを迎えに行き、そして帰宅する。アンジュラが今日のドライブのことをエルマーに訊いているようだ。エルマーは私のナビをずいぶん褒めてくれているようだ。するとアンジュラは、「dsching ,Navigat Arigato (ジン、ナビガート、アリガート;ナビゲーションありがとう)」と、ドイツ語と日本語を掛け合わせて言ってくれた。それどころかエルマーは、「ライセンスは持ってきてないのか?持ってきてたら、運転を任せられるのに!」と言ってくれた。彼は、この日のドライブでの私のナビだけで、「運転させても大丈夫」と思ってくれたようだ。

夕食はご両親宅で、この日は Eintopf (アイントプフ)。肉団子やキャベツ、ニンジンなどが入った、ごった煮のシチューのようだ。日本の ”肉じゃが” のような感じにも思える。ちなみに、ドイツの ”おふくろの味” と言うと、このアイントプフだそうだ coldsweats02ヘェーッ ! 。

068

アイントプフです。お肉と野菜・・・、栄養満点の ”ドイツのおふくろの味” です delicious

日本の肉じゃがとは違うものの、優しい”家庭の味” happy01 、温もりが感じられる料理、とても美味しかった delicious sign03  使われている野菜も、お母さんが庭で栽培し育てたものだそうだ。まさに正真正銘の ”おふくろの味”。小鉢には、見た目は ”ほうずき”、でも味は・・・トマトっぽいような・・・?「食べられるほうずきもあるんだ~!」と、口には出さず思っていた。

デザートは、カスタードクリーム入りのパンケーキで、これもまた、とても美味しい delicious smile sign01 全部、お母さんの手作りなのだから、「スゴイ sign03 」。食事の最後は、いつものように Schnaps (シュナップス)と呼ばれるお酒 bar だ。お酒と言っても、云わば薬用酒。消化を助けるなど、体に良いお酒だ。サクランボ cherry からできているもの、ハーブ clover からできているものなど、種類も豊富だ。

21:00過ぎに部屋へと戻る。明日はゆっくりでいいので、洗濯やシャワーは明日の朝にしよう。night sleepy down

|

« 日帰り4カ国ドライブ ベルギー~ルクセンブルグへ | トップページ | ドイツの休日の普通の過ごし方!かな? »

コメント

こんばんは~
ケルン・ボン空港かぁ~散々エロイカより愛を込めてで読んだ空港です、あの漫画は面白い。最新作をネットで買おう。

さてさて、210㎞は国内では出ないスピードですね~ちょっぴりびびってしまいます。
アイントプフって、ウマソーです、ポトフとは違う感じなのでね。
あの肉団子がね・・・でかすぎ(笑)


青龍○段さんへ

へぇー!ケルン・ボン空港が漫画に出ているのですか?!いや、初めて知りました。ケルンは人口100万人を超える大都市、ボンは旧西ドイツの首都だった都市ですから、重要な空港だったと思いますが、どのようなシチュエーションで載っていたのか気になります。
210km/h、移りゆく景色や交通量のせいでしょうか、そんなに飛ばしているとは感じませんでした。ドイツは、街を離れるとしばらくは広々とした風景が続くので、常に何かしらの人工物が目に入る日本と違い、それほどスピードを出していると感じなかったです。彼に言われてメーターを見て「おいおい!」と初めて気づいたぐらいです。
アイントプフ、本当に美味しいですよー!あの肉団子は確かに大き過ぎるかも・・・(笑)!ドイツの代表的な家庭料理を味わうことができて、とてもハッピー!でした (^_^) !

投稿: 青龍○段 | 2009年8月30日 (日) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日帰り4カ国ドライブ ベルギー~ルクセンブルグへ | トップページ | ドイツの休日の普通の過ごし方!かな? »