« 日本武尊 白鳥になる | トップページ | Bergisch Gladbach にて »

2009年8月23日 (日)

再び Bergisch Gladbach へ

2月13日(金)晴れ

名古屋10:55(LH737)15:10(LT,-8h)Frankfurt(エルマーの自家用車)17:20ごろBergisch Gladbach

 朝7:15起床し、8:20自宅を出発。兄に名古屋空港まで送ってもらう car  。(* 2004年、この時はまだ、中部国際空港はできていませんでした。)9:00前には空港着。1年8ヵ月ぶりにドイツへ旅立つ。前夜のEmail mail でエルマーがフランクフルトまで迎えに来られると分かって一安心 coldsweats01

空港で航空券をバウチャーと引き換えチェックイン。今回はルフトハンザ航空 airplane でフランクフルトへ直行。出国手続きをし、出発ロビーの免税店で焼酎と煙草 smoking を買う。焼酎はお土産だ。10:25より搭乗開始。窓側のシートだ。ほとんどが日本人客。10:55に飛行機は動き始め11:10ごろ離陸した。

飛行機は岐阜県上空へ。日本アルプスの山々、遥かには富士山 fuji も見渡せる。飛行コースは、日本海を北上し、ハバロフスク上空よりシベリアを横断、サンクトペテルブルグ、ヘルシンキ上空よりドイツへ。約12時間だ。

機内では、まずおやつ(アーモンド)とドリンクはビール beer を頂く。13:00ごろ食事、魚料理 fish (サーモンとエビ)にする。ドリンクは白ワイン wine 。味、量ともにやや物足りないかな despair 。食後、少しでも寝ようとしたのだが、なかなか寝られない wobbly

17:00ごろ、軽食でおにぎり riceball またはサンドウィッチが出される。私はサンドウィッチとオレンジジュースを頂く。そして21:00、ドイツ時間で13:00ごろ食事、牛肉 taurus とポテト料理にする。しかしこれも、味・量とも今一つ weep 。ドリンクはトマトジュースで、後でコーヒー cafe を頂く。飛行機 airplane は予定より30分早く14:40(日本時間22:40)、フランクフルトに到着。

(*ルフトハンザ航空の機内食 restaurant ですが、日本(名古屋)出発便はともかく、フランクフルトからの帰国便の食事は、最高でした delicious scissors 。この記事だけを読むと、誤解されそうですので、あえて注釈しました。)

入国審査を済ませ、荷物を受け取りに行くと、タイミングよく自分の荷物が流れて来た。そして到着ロビーに出た途端、「ジン!」とエルマーが声かけてくれた paper 。お互いにニッコリ happy01 と握手しながらあいさつを交わす smile 。そして昨年買ったというアウディ・クアトロTT car で、彼らの自宅へアウトパーンを最高210km/hで走る coldsweats01 。一昨年来た時に撮った黄色いお城は、コブレンツにあることが分かった。フランクフルトを15:30ごろ出て、バーギッシュ・グラートバッハの彼らの自宅へは17:20着。約200km近い道程だが、2時間かかっていない。

自宅へ着くと、アンジュラも帰宅しており、快く出迎えてくれ happy01 、再会の抱擁を交わす。日本では握手したりお辞儀をするのが礼儀だが、ヨーロッパではお互い体を寄せ合って健闘を称え合い抱擁をする。ティミとリオ(オウム chick )も元気だ。一昨年同様、ゲストルームに荷物を下ろし、ダイニングルームへ。お土産に持ってきた有田焼の食器(湯呑、小鉢、箸置き)をプレゼントする。「有田焼は、ドイツでいえばマイセンのようなものだよ」と、説明も付け加える。すると彼らは、とても喜んでくれた lovely

この日の夕食は、隣に住んでいるエルマーのお母さんが手作りのピザを焼いてきてくれるそうだ。なんでも、私が再びやって来ることを聞いた時に「それじゃあ、ピザを焼いてあげなきゃ」と話していたらしい。ものすごく楽しみだ catface 。そして19:30ごろ、エルマーのご両親がやって来た。お母さんは、手作りのピザを見せながら「Hallo Dsching !Herzlichen Willkommen (こんばんは、ジン!いらっしゃい) wink 」と、大歓迎してくれた。お父さんもとても素敵な笑顔で、「Wie geht’s ?(元気だったか?) happy02 」と、私の訪問を喜んでくれた。

私はすっかり馴染みになったこのご両親にも、お土産を用意していた。そのデザインを見たお母さんは「Wunderschön! (とても素敵だわ!) lovely 」と喜んでくれた。とても重かったのだが、持ってきて良かった。こんなに喜んでいただけたのだから good

そしてビール beer やワイン wine で乾杯し、食事。お母さんの手作りのピザは、とても美味しくてボリューム満点 delicious sign03 今回は、ドイツ語の辞書を片手に、ドイツ語での会話も進む。私が分からない言葉は、彼らが調べて、その言葉の意味を理解することで、会話が成り立っていく。だから今回、私が有給休暇を含めて3週間の休みを取って来たことも理解してもらうことができた coldsweats01

私が彼らと初めてネパールで会ったとき、ドイツ語なんて何一つ知らなかったのだから、彼らにとって私がドイツ語を話せなくても仕方がないところ。少しでも話そうと努力すれば、彼らも手助けしてくれる confident 。私にとっても、実践の勉強の場でもある。このようにして、この夜を過ごし、22:30(日本時間、翌6:30)ごろ、さすがに眠くなって、就寝とする sleepy

P.S・・・先日、サイドバーのブログペットのメッセージ欄から、匿名でメッセージをされた方へ

どなたか分かりませんが、ご連絡、ありがとうございました。できれば、匿名にはせず、正直に名乗っていただければ、と思います。発信者名がなかったので、ここでお返事させていただきます。

ところで、その話は本当なのでしょうか?寝耳に水のことで驚きました。もちろん私は、あのようなサイトに書き込みをしたことはありませんし、まして誹謗中傷など、ルール違反です。それに、ココログで書きはじめてからずいぶんたちますので、前に書いていたサイトとは、何の関係もないし、サクラ被害情報サイトに私の現在のHNが出ること自体、心外です。迷惑なこと、この上ありませんね。

私は、その男とは何の関係もありませんし、関わったこともありません。なのに、何故私のHNを出し、憶測だけで書き込みをしたと思ったのでしょうか?ましてや恨んでいるとか嫉妬しているとは・・・?呆れて物が言えません。憶測だけで人を誹謗中傷するようなこと、まともな大人、人間のすることと思いません。ましてや私はその男に対して、何もしていないのですから、そのようなことを言われる筋合いもありません。実に卑怯で卑劣極まりない、最低の人間、いやそれ以下でしょうね。

その男については、ある女性から何度も話に聞いたことはありますが、相手にする気にもならない低俗な人間だと思っています。ですから、無視。ただ、再びそのようなことをするのであれば、何らかの法的措置も考えねば、と思います。

それともう一つ、その男が私のHNを正確に知っているところからすると、私の話は当然、あの女性から聞いたことは間違いないでしょう。以前、女性から相談を受けた際に、その男とは縁を切ったほうがいいと、何度もアドバイスしましたから。しかし、結局はそうすることもなく、今では私とは何の関係もありません。だからこそ、その男は私が恨んでいるとか嫉妬しているとでも思ったのでしょう。とんでもない勘違いです。その女性に対しては、完全に見損ないましたし、さじを投げました。本性も解りました。その男同様、もう相手にする気にもなりません。結果的に、私への誹謗・中傷を助長することになったのですから、その男同様、最低の女性だと思っています。

いずれにしても、いい年の大人のすることではない、人間として最低だというのが私の考えです。どなたか分かりませんが、これを読みましたら匿名ではなくメッセージを送ってください。よろしくお願いします。おそらく、以前から私のことを知っている方、そして上記の2人についても、ご存じの方だろうと思うのですが・・・?

|

« 日本武尊 白鳥になる | トップページ | Bergisch Gladbach にて »

コメント

後半を読んでいたら、前半のメインストーリーを忘れてまた読み返しました。私の今日のグロブにあるようにルフトハンザは無縁ではありませんので、注釈を付けていただいてありがたいです。また、あの優しい素敵な御夫婦のもとへ行かれたのですね。いいですね。
後半はあの方がかかわっているのかしら。よくはわかりませんが不愉快なことですね。幸い娘もあのサイトはやめて、ホームページを作っているようです。夜起きて昼は寝ているようないい加減な娘ですが、前よりはましになりました。


hannaさんへ

今回は5年前の話なのですが、初めて訪れた時はエルマーが土日にも関わらず仕事が入り、私も3日だけの滞在でしたので、彼自身とても「すまない」と思っていたようです。ですから今回は十分な時間をとることにしました。彼らとは、年齢も3つしか違わないので、「良き兄貴、良きお姉さん」という感じです。なにしろ、1992年のエヴェレストトレッキング以来、ずっと交流が続いている大切な友達、いや、「ドイツに住む、もう一つの家族」です。
ルフトハンザの機内食については、ドイツからの帰国便は、本当に美味しかったです。それとゼクト(スパークリングワイン)も最高でした。私のブログだけで誤解されてはいけないと思い、あえて注釈しなければ、と思ったのです。
後半のP.Sに書いた内容についてのお返事は、ここでは差し控えさせていただきます。その人たちの名前をここで出すわけにもいきませんし、時間がある時にメールいたします。いずれにしても、「なんで (? _ ?)」というのが本音です。わけがわかりません ???

投稿: hanna | 2009年8月23日 (日) 23時27分

こんにちは~
無事の再会はなにより嬉しいですね、飛行機の中で寝る事ができなかったのは時間のせいもあると思いますが「楽しみ」だったからでしょう。
ルフトハンザ航空の飯は「ウマイ」と漫画「エロイカより愛をこめて」にも書かれていました。まぁそれはどうでもいいのですが、飛行機の食事、味はいちいちは仕方ないとして「お代わり」って出来るのですか???よく知らないので、またの機会に飛行機のすごし方などを紹介して頂ければ幸いです。

ん~今日はキーボードの動きが今ひとつですね~
いつも使用しない、2FのPCを使っています。

面白いところからメールが出来るのですね。
ちーとも知りませんでした、しばらくどこだと探してましたよ(笑)


青龍○段さんへ

この時の出発前夜、メールをチェックしていたら、エルマーから何通かメールが届いていました。初めは、「フランクフルトまで迎えに行けない」と聞いていたのですが、急遽時間が取れることになったようで、フランクフルトまで迎えに来てくれることになりました。私も、そのメールにすぐに返事をし、フランクフルトでの再会を心待ちにしたものです。
ルフトハンザ航空の食事は、ドイツからの飛行機のものは本当に美味しかったです。飲み物はビールよりもワイン、それもゼクト(スパークリングワイン)が本当に美味しいです。ちなみに、お代わりはたぶん出来ないと思います。
左サイドバーの「ブログ妖精ココロ」からメッセージも送れるようになっています。匿名でも可能のようです。それにしても、これを利用してそのような情報をこんな形で知らされようとは・・・!思いもしませんでした。私の返事の中の”女性”が誰であるかは、おそらくお気づきかと思います。決して彼女の悪口を言っているつもりではありません。今はもう、ただ「呆れて相手にする気もない」だけです。かつての彼女のブログから抱いたイメージとは程遠い女性でした。

投稿: 青龍○段 | 2009年8月26日 (水) 16時50分

追加
2Fのキーボードは少し堅いので、子供と変わってもらいました。
未読二つは後日拝見させて頂きます~
あちこちの方の所がご無沙汰でしたので・・・
ちなみに本日は2直初日、早く読まないと時間が無くなる~


青龍○段さんへ

オヨッ?青龍○段さんの自宅にはPCは何台あるのでしょうか?
先日メールで紹介したhannaさんのブログにもコメントされていましたよネ!hannaさんも青龍○段さんのブログにコメントしていましたし・・・。紹介して良かったと思います。特に料理については参考になると思います。今ごろはお仕事中ですネ!ブログやコメントは時間がある時に書けばよいですし、決して「コメントしなければ!コメントの返事を書かなければ!」とプレッシャーにならぬよう、まずはお体を大切に!健康が一番!って、私が言うまでもなく、解っていますよネ!

投稿: 青龍○段 | 2009年8月26日 (水) 17時01分

そのメッセージの投稿された時間のアクセス解析でIPを見れば
何処から投稿されたか特定できますけど・・・?


ウンディーネさんへ

「なるほど!」と思い、アクセス解析を見てみたのですが、訪問者履歴がなく、IPが分かるのは、コメントして下さった方だけでした。うーむ、残念。もうこの件に関しては、「気にしないで放っておこう」と思っています。教えてくれた方の素性も解りませんし、味方なのか敵なのかも結論が出せません。いずれにしても、上記二人の男女が誰なのか、お分かりかと思います。ホント最低最悪の不倫バカップルですワ!相手にしないのが一番!


投稿: ウンディーネ | 2009年9月 1日 (火) 00時00分

訪問だけでも判る方法ありますよ~。
またメールします。flair
荒らしやなりすましをして、喜ぶ人いますからね
(・∀・)ニヤニヤ


ウンディーネさんへ

あれから何もメッセージはありませんし、教えてくれた人が、この返事を読んだかどうかも?です。誰なのか分からないのですが、どちらにしても、この人に対しても関わらないほうがいいような気がします。知らせがなければ、知らずにすんだことでしたし、嫌な思いをせずにすみましたからねぇー。

投稿: ウンディーネ | 2009年9月 1日 (火) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本武尊 白鳥になる | トップページ | Bergisch Gladbach にて »