« 赤褐色の街にてⅡ ~自炊生活~ その8 | トップページ | 帰国 その1 »

2009年7月13日 (月)

赤褐色の街にてⅡ ~サキャさんの招待~

 俺がネパールを離れる日が近づき、お世話になったサキャさんに、そのことを告げた。すると彼は「明日、ぜひ私の家に来てください。一緒に食事をしましょう」と、招待された happy01

サキャさんは、ストーンハウス・ロッジの近くで小さな雑貨屋を営んでいるが、普段は’橋’の設計デザイナーで、5年前に技術研修のため、日本の清水建設に1年間、研修生として来ていたそうだ coldsweats02エェーッ!。だから日本語も上手で、サキャさんのお店の前を通ると、必ず彼がいるかどうか確かめて eye 、もしいれば、いつも話をしていた happy01 。するとサキャさんはいつも、奥さんにコーヒー cafe を出すように言ってくれた。もちろん、ときには買い物もしたし、ストーンハウス・ロッジの他の仲間にも、彼のことを教えたものだ。

12月15日、10時に彼の店へ行き、部屋へと案内され、まずコーヒー cafe を頂きながら、彼の日本での写真 camera を見せていただいた。ホームステイ先や研修風景、ときには観光にも出かけていたようだ。日光や東京、奈良、立山へも行っている。

日本から持ち帰ったというオーディオセットとレコード。彼は「私はこの人、”さっちゃん”が好きです。」と言って、”小林幸子”のレコードを何枚か見せてくれた。さらに”五木ひろし”のレコードも。どうやら、サキャさんは’演歌 notes ’が好きなようだ。

やがて昼になり、お待ちかねのネパール家庭料理 restaurant だ。もちろん、”ダルバート”。マトンカリーとタルカリ(野菜)はほうれん草、フライドポテトにダル(レンズ豆)スープ。このダルスープが、とても美味しかった delicious 。やっぱり家庭料理は違うナァ、と思った。お腹がいっぱいになるまで、何杯でもお代りを頂いた。それほどおいしかった smile sign03

食後、しばらく休憩していると、ニューロードで、お祭りのような音がしている。見に行くと、すごいパレードだ coldsweats02オォーッ !。たくさんの人々がパレードに参加していた。

25  ニューロードのパレード

  いったい何のパレードだったのだろう?

  わからないままでした。

彼の家へ戻ると、午後はサキャさんの友人がやって来て、トランプでゲームを始めた。どんなゲームなのか全く分からず wobbly 、俺はしばらく見ていた。しかし、最後まで何が何だかわからなかった。

ロッジに帰る前、レモンティーを頂き、そして彼はお土産(餞別)に”ラム酒”を1本、プレゼントしてくれた。帰国後すぐに手紙 mail を書くこと、そしていつか再会し、一緒にネパールを旅する約束をして別れた。

|

« 赤褐色の街にてⅡ ~自炊生活~ その8 | トップページ | 帰国 その1 »

コメント

彼も日本人の友達ができ、覚えた日本語で話せるのは楽しかったでしょうね。
私はボランティア活動でアジアの研修生に日本語教えたことがありますが、みんな一生懸命でした。そのあと企業に別れて1年間の実地研修に行くのでした。現実に1年住むのだから真剣にならざるを得ませんね。年は20代から40代まで様々で、中には夫や子供を残してきた人もいて、たくましさを感じたものです。


hannaさんへ

サキャさんと初めて会った時のことは、25年経った今でもよく覚えています。あいさつだけでなく、他にも日本語を知っていて、彼は「日本語を使うことがないので、忘れてしまいますので、あなたがここへ来るときは、日本語で話をしましょう」と、おっしゃってくれました。1年間滞在しただけで、あんなに上手になるものなのですネ。
たかが1年、されど1年、みな真剣に技術などを習得するために、そのためにも日本語も真剣に学んだのでしょうネ。
最近は、フィリピンやインドネシアから、介護士や看護師を受け入れていますが、その方たちも日本語の習得に真剣に取り組んでいます。それだけではなく、「郷に入らば、郷に従え」で、日本の習慣なども身につけようとしているそうです。素晴らしいことだと思います。

投稿: hanna | 2009年7月14日 (火) 08時25分

なかなかの日本通のようですね。
次回は是非とも日本料理を披露せねばと思われたことでしょう。
刺身もいいけど、今は「や・き・と・り」が食べたいなぁ~
もちろん「塩」でね。
あぁ~旅もいいなぁ~
チャリ乗ってふらふら出かけたい~


青龍○段さんへ

やはり1年間住んでいただけあって、日本語も上手でしたし、日本びいきの方でした。私が彼の店を訪れるたびに、コーヒーを出してくれたのも、今思えば日本でお客様にお茶を出すのと同じ感覚だったのかもしれません。
青龍さんは焼き鳥は「塩」ですか?私は塩もいいけど、タレも好き。
私も平日にのんびりと旅がしたいです。土日祝日は混むから、あまり動きたくない、というのが本音です。

投稿: 青龍○段 | 2009年7月14日 (火) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤褐色の街にてⅡ ~自炊生活~ その8 | トップページ | 帰国 その1 »