« 帰国 その2 | トップページ | ケルン大聖堂 (Email von Deutschland) »

2009年7月16日 (木)

帰国 その3

 12月22日、カルカッタを出発した。もう日本へ帰るのみだ weep

12/22 カルカッタ12:10(バングラデシュ航空)13:20ダッカ15:40(バングラデシュ航空)19:40バンコク 

*日本との時差は、カルカッタ(インド)は-3.5時間、ダッカ(バングラデシュ)は-3時間、バンコク(タイ)は-2時間です。

12/23 バンコク1日滞在

12/24 バンコク17:20(列車)17:58バンコク国際空港

12/25 バンコク1:45(パキスタン航空)12:00東京国際空港13:45(京成スカイライナー)14:45上野、東京18:00(ひかり31号)20:01名古屋

 バンコクでは、”ニュー・エンパイア・ホテル hotel ”(シングル275バーツ)というビジネスホテルに泊まった。そこで、帰国前に、すっかり伸びきった髭を剃った。街では、’食べ歩き’を楽しみ、また、フルーツ cherry banana apple を買ってホテルで食べたりもしていた。帰国前の最後のひとときを楽しんでいた happy01

そして、日本 fuji へ帰ってきた。名古屋へ戻る前に、東京でしなければならないことがあった。盗難に遭ったトラベラーズ・チェックの再発行手続きなどだ。それらのことをすべて済ませ、夕方の新幹線 bullettrain で名古屋へと帰る。初めての海外への旅が、終わった。

(カテゴリー 「1984 初めての海外へ」 完)

あとがき

およそ2ヵ月半にわたって、「1984 初めての海外へ」を書き綴りました。25年前の旅日記、いかがでしたでしょうか think sign02  毎回、読んで下さった方々には、深く感謝しています。本当にありがとうございました confident

次回の旅日記は、海外ではなく日本国内、北海道を旅した時(2001年)のことを書きます。ただ、海外へ行った時と違い、あまり細かく書いていないのが「玉に瑕(きず)」です wobbly 。ですから、結構短めで終わりますが、どうぞよろしくお願い致します wink

|

« 帰国 その2 | トップページ | ケルン大聖堂 (Email von Deutschland) »

コメント

おはようございます。本日2直初日です、昼からすこしでも寝ないと・・・

楽しく拝見出来ましたよ。
また後日、飛行機内の様子(機内サービスやどんでいたときの状況等々)などを綴られると面白いかと思います~
次は国内、これも楽しみにしていますよ~


青龍○段さんへ

こんばんは!これを読んでいる頃は、おはようございます!ですよネ!
お仕事、お疲れ様です。私も夜勤経験はありますので、お気持ちはよく分かります。少しでも寝ておかないと、辛いですよネ!
この時の旅の飛行機内の様子や機内サービスについては、全く記録してなくて、記憶からも消え去っています。
次の旅日記は、北海道です。8年前になります。というより、「もう8年経ったのか―?!」という感じです。ひとり旅ではなく、同行者もいますので、どんな旅をしてきたのか、お楽しみに!

投稿: 青龍○段 | 2009年7月17日 (金) 10時14分

 よく覚えておいでですよ。私は記録を取る習慣がないのでさっぱり覚えていません。だめですね。時差を調節しつつの帰国っていいですね。一気に14時間とか飛び越えるとさすがに頭がぼーっとします。
 考えてみると一人で神戸へ行き来していたのは戦後7年目です。でも、15歳の女の子が一人夜行に乗っても安全だったんですよ。まだ儒教的モラルが人々の中に根強く生きていたのでしょうか。不思議です。


hannaさんへ

盗難に遭ってカメラを失くしてしまったことと、インドでのクーデターでカトマンドゥに滞在せざるを得なかったので、時間もたっぷりありましたから、せっせとノートに書き残していました。おかげで今でも、このノートを見れば、あの頃がよみがえります。
時差を調整しつつ、というのは偶々ですが、私もドイツからルフトハンザ航空の直行便での帰国の時は、時差が辛かったです。日本は朝でも、その時間ドイツは真夜中ですから。
戦後7年しか経っていない頃のイメージですと、わずか15才の女性が一人で夜行列車に乗るということが、不思議というか、怖くなかったのかな?と思ってしまいます。でも、さすが日本!「世界一治安のよい国」と言われるだけありますネ!きっと、はるか昔から、そういう民族だったのでしょう。

投稿: hanna | 2009年7月17日 (金) 22時21分

コメは久しぶりですけど、ずっと読ませていただいてましたhappy01
最近暑いので頂いたオーロラの写真を見ながら、現地の寒さを想像したりしています(笑)
次回の北海道も楽しみですpaper


ウンディーネさんへ

ありがとうございます (^_^) !コメはなくても、ずっと読んでくれていることは、いつだったかのメールで聞いていますから!例の分杭峠、この3連休にでも行こうかと思っていますが、天気が今一つみたい…。それに、子供たちの夏休み突入!でもありますし、高速道路はきっと…大渋滞?いずれにしても、行ってみたい「不思議ポイント」です。
それにしても、私のへたくそな「オーロラの写真」、それほど気に入っていただけて、本当に嬉しいです。あの写真を撮っていたときは、たぶんですが、氷点下30℃前後だっただろうと思います。「寒い」を通りこして「痛い」ほどですヨー!
次回は、初夏のころの「北海道旅日記」になります。とても可愛い同行者(?)も出てきます。コメント、待ってマース!ヨロシク!

投稿: ウンディーネ | 2009年7月17日 (金) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰国 その2 | トップページ | ケルン大聖堂 (Email von Deutschland) »