« 赤褐色の街にてⅡ ~自炊生活~ その4 | トップページ | 赤褐色の街にてⅡ ~自炊生活~ その6 »

2009年7月 7日 (火)

赤褐色の街にてⅡ ~自炊生活~ その5

12/3 ジャム22.5Rs、米500g3Rs、卵4個4.8Rs、味の素50g入6Rs(日浦さん)

夕食・・・雑炊(ご飯、ポテト、長ネギ、キャベツ、味噌、卵、塩、味の素)

 俺とアンちゃん virgo の2人は、本当に”雑炊”を作った happy02 。買い出しに行く前、彼女が

「ジンさん sign01 ’味の素’見つけたヨ sign03 」と言って、俺の部屋へやって来た。

「エッ coldsweats02ナニーッ! ’味の素’?ホントに sign02 」。

彼女はタメル地区を歩いている shoe ときに、たまたま見つけて eye 買ってきたそうだ moneybag 。’日本製’ではなく’タイ製’のものだが、トレードマークの’お椀’のデザインに’味の素’と書かれた文字は同じだった coldsweats02オォーッ! 。これによって料理の幅も広がるし happy02 、美味しくなる delicious 。代金 moneybag を払おうとしたが、彼女は「そんなの、いいですヨ ng coldsweats01 sign01 」と拒んだ。’味の素’が手に入ったことによって、料理の幅も美味しさもグンと変わった coldsweats02オォーッ !。とくに味噌汁は’ダシ’の代用として、格段においしくなった happy01

そして、アンちゃん virgo と一緒に自炊することによって、初めて作った”米料理” bleah 。調理している武器がコイルヒーターなので、水分が完全になくなるほど使うことはできない weep (”コイルヒーター”は、あくまで”お湯”を沸かすためのものである)ので、慎重になっていた think 。アンちゃんと2人して「もういいかナァ gawk ?」とか「そろそろヒーターが焼けつきそうだ gawk 」などと言いながら、’できぐあい’を見ていた。多少はお米がコイルヒーターの電熱部にくっついてしまったが wobbly 、それは仕方があるまい。

しかし、出来上がった”雑炊”は、我々にとっては、大絶賛 delicious happy01 sign03 すべきほどの料理で、予想をはるかに上回る’おいしさ sign01’だった。俺もアンちゃんも、「ウワーッ coldsweats02 sign01 オイシーイ delicious happy01 sign03 」と、思わず歓声 note を上げたほどだ。本当においしかった smile sign01 コイルヒーターでも、”お米”を使った料理が出来るんだ sign03 あらためて、アンちゃんに感謝した confidentアリガト 。

|

« 赤褐色の街にてⅡ ~自炊生活~ その4 | トップページ | 赤褐色の街にてⅡ ~自炊生活~ その6 »

コメント

おはようございます。
本日は直勤務間の休み、前日疲れ果て早々に寝たせいか目覚めパッチリ。以前から行きたい山に行こうと思い外に出ると小雨がポツポツ、山側はどんよりしています。
どうしようかと・・・悩ましい。

「味の素」いい物が手に入りましたね!
今までの料理も良かったのですが、これで「味」が一つ力強くなったのではないでしょうか?
以前読んだ「美味しんぼ」ではこのように書いてあった記憶があります。
「大事なのはフランス料理を作ることではない、その精神だ」と。
材料が全てフランス製の物ょ使いフランス料理を作る、これは料理人としてはただのコピー、オリジナルの物を作るのが大事ということを書いていました。
内容は違いましょうが、当時の雑炊は「カニ雑炊」や「フグ雑炊」などとは異なり素直に「ウマカッた~」の品だったことでしょう~

なおスモークビールを調べると箕面に作っている工場がありました。もう少し調べてみます。よい情報ありがとうございました。


青龍○段さんへ

この季節の山行きは、ホント悩みますよね。私もかつては、4~5月は夏の3000m級の山行きに備え、鈴鹿山脈の山でトレーニングしていましたが、6月は天気の都合で、なかなか行けなかったことを覚えています。で、今日は行かれたのですか?だとしたら、どちらへ?
まさか、ネパールで「味の素」が手に入るとは、思いもしませんでした。おかげで、それまで今一つ(どころか、3つも4つも)味気のないみそ汁が、どれほどおいしくなったことか?!以来、「’味の素’はスゴイ!」と思うようになりました。
「美味しんぼ」に紹介されていた言葉、納得できますネー!私もあの頃、「少しでも節約しながら、美味しくて自分なりに満足できるものを作ろう」としていたはずです。その心(精神)があったからなのか、この時作った雑炊は、予想をはるかに上回るほどの出来でした。
スモークビールですが、北陸を旅したとき、現地の地ビールで見つけました。芦原か片山津の近くだったと思います。でも、箕面で作っているところがあるのですネー!初耳でした。ドイツにももちろん、ありますヨー!キャップを開けた途端、スモークの匂いがしてきました。美味しかったことは、言うまでもありません。

投稿: 青龍○段 | 2009年7月 8日 (水) 05時49分

う~ん、本当においしそう。栄養もありそうな熱々な雑炊、素敵ですね。よくコイルヒーターでできましたね。思ってもみなかったけれど。それに味の素は便利ですよね、こんな時。


hannaさんへ

本当においしかったです (^_^) !野菜を入れ、卵を入れ、お味噌を入れ・・・、ヘルシーな食事でしょ?まして、コイルヒーターで作るとは!?私もまさか、初めての海外の旅で、こんなことするとは、旅に出る前は考えてもみなかったでしょう。
味の素は、ホント、「スゴイ!」の一言です。お味噌汁の味が、あれほど変わるとは驚きました。もし、味の素がなかったら、雑炊だって、どんな味になったことか・・・?

投稿: hanna | 2009年7月 8日 (水) 21時35分

こんばんわ~

あじの素を使うことがないんですが、そんなに違うんですか~私も食卓に置いてみようかな♪

また更新楽しみにしてます☆


浅羽由紀さんへ

こんばんは!足@で何度かお名前拝見しています。いつもありがとうございます。そして初めてのコメント、重ねてありがとうございます。歌を歌っておられる方ですよネ!私も時々ですが、拝見させていただきました。
味の素は、私もその時までは知らなかったのですが、これ以来「スゴイ!」と思いました。お味噌汁なんて、ダシがなかったから、味の素を加えただけで、うんと美味しくなりましたヨ!今回の旅の話は、今から25年ほど昔のことですが、続きの話もすでに書いてあります(私のブログは、古い順に並んでいます。)ので、よろしければ、また読んでみてください。これからもよろしくお願い致します。

投稿: 浅羽由紀 | 2009年8月 6日 (木) 01時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤褐色の街にてⅡ ~自炊生活~ その4 | トップページ | 赤褐色の街にてⅡ ~自炊生活~ その6 »