« 赤褐色の街にてⅡ ~ヒマラヤからの朝日~ その2 | トップページ | 7月ですネー »

2009年6月29日 (月)

赤褐色の街にてⅡ ~ヒマラヤからの朝日~ その3

  翌12月6日朝6時、部屋の扉をドンドン rock と叩く音がする。2人して「誰だろう wobbly sign02 」と、寝ぼけまなこ gawk で扉を開ける。オーナーであるおじさんが、焦った coldsweats02 ような口調で何か言っている。どうやらもうすぐ”日の出 sun ”らしい。こちらから頼んでいたわけではないのだが、「おじさん、わざわざ起こしに来てくれたんだぁ happy02 sign01 」と、この時ばかりはおじさんに感謝 confident sign01  ベッドから飛び出し、セーター、マフラーを身につけ、丘へ登る。すでに、たくさんのツーリストが集まっていた。何とか”日の出 sun ”に間に合った bleah

外は、思ったほど寒くなかった happy02 。マイナスまで下がっているか、いないかだろう。朝焼けが、東の方のヒマラヤを紅く燃やしている sun shine 。カトマンドゥ方面や麓の村は、朝霞 cloud に隠れて、海のようだ。ところどころに見える小さな山が、島のように浮かんで見える。

やがて、深紅の太陽 sun が、顔を出す。ついに見る、ヒマラヤからの日の出だ sun happy01 sign03  午前6:30少し過ぎ。雄大な眺めだ coldsweats02オォー sign03 ”世界の屋根 fuji ”からの”御来光 sun ”、素直な感動が湧いてきた heart01 lovely 。これ以上、言葉にできない・・・weep sign03

一度ロッジ hotel に戻って朝食 restaurant 。自分たちがオーダーした物の材料が全く揃ってなくて、「どうしようもないナァ~ sad 」と思いつつ、ビスケットと何故か埃っぽい味のミルクティー cafe で済ます。結局、このロッジで10%のTAXも含め、1人60ルピー moneybag も使ってしまった。高い coldsweats02 sign01  「おじさん、これじゃお客さん、集まらないはずだよ down sign01 」と、我々は日本語でぶつぶつ呟いていた gawk

 8:30すぎ、再度丘の上に登り、各々の山の名称を確認した bleah 。エヴェレストのネパール語での名は、Sagarmatha(サガルマータ)と言うそうだ coldsweats01オォー!。ランタン(7246m)、ガネッシュ(7406m)も見える。エヴェレストをもっと間近に見たかったが、そうなるとルクラからナムチェを経て約1ヵ月近いトレッキングになる bearing ので、次の機会にしよう。

しかし、ここナガルコートが2166mの高さで、この3~4倍もの高さをあの山脈は誇るという coldsweats02ナニー!。とても信じられないような、でも、あと何日か歩けば、あの山の懐に行くことができ、真上に眺められたら、実感として受け止めることができるだろう think

9:00を過ぎて、エヴェレストがかすかに、おぼろげに見えだした happy01

夕日、ヒマラヤからの朝日、そしてエヴェレスト、この3つに満足してバクタプール、カトマンドゥへと帰って行った happy01 wink lovely

22  ナガルコートにて

  はるかかなたにヒマラヤが見えます。どこかにエヴェレストも写っているはず…。

  髪も髭もすっかり伸びて、まるで”ヒッピー” coldsweats01

|

« 赤褐色の街にてⅡ ~ヒマラヤからの朝日~ その2 | トップページ | 7月ですネー »

コメント

こんばんは~
世界の屋根からのご来光はどんな感じだったですかね~
もう一度みたいと思ってもそう簡単には見れないでしょう。
内田良平氏の「ヒマラヤ50峰」の写真を見てふんふんと思っています。その他は「カトマンズ百景」「ネパール・ヒマラヤトレッキング案内」の3冊を借りました。
いずれも写真を拝見する程度ですけど
本日は「点の記」を見てきました。
平日なのにとても沢山の方が来られていました。大半は年配登山者と思われる方々でしたけどね。
内容は賛否両論で分かれるので伏せますが、良いできであったと思います。


青龍○段さんへ

”神々しい”としか言いようがありません。そして、麓の街や村は、雲海に隠れて、ところどころ見える丘が、海に浮かぶ島のように見えました。
「ヒマラヤ50峰」は、持っていませんが、他の2冊は手元にあります。「ネパール・ヒマラヤトレッキング案内」はルート地図も載っていますので、私が辿ったところも、どんなところなのかも、良くお分かりになれると思います。
私は映画はほとんど見に行かないのですが、いつかTVでも放映されるでしょう。その時にでも、しっかりと録画しておきます。そういえば、BBQに参加された方々も、この映画を見に行かれた方がいらっしゃいましたネ!
hannaさんのコメントを読みましたら、青龍さんからご連絡があったそうですね。詳しいことまでは存じませんが、ありがとうございました。後ほど、私からメールいたします。ですので、今日のブログ更新はお休みします。

投稿: 青龍○段 | 2009年6月30日 (火) 21時17分

こんばんは。システムトラブルでつながらなかったらしく、自分もyahooのメルアドとdschingさんのメルアド飛ばしちゃったので焦っていて、お料理のサイトに書きこんだら青龍○段さんからご連絡をいただきました。ここでの間接的なお付き合いなのに嬉しかったです。
dschigさん長髪にあってますよ。なかなかかっこいいではありませんか。雄大な景色にはまっています。
新しいメルアド○○○○○です。ここにメールいただけましたら、今度はちゃんとメルアドをメモしておきます。


hannaさんへ

あらー!では、一昨日書いたメールも、もしかして読んでなかったかも・・・?青龍さんから、ご連絡いただけたのですか?ホッ!と一安心。この後、メールします。ですので、今日は更新お休みします。
若い頃は、ずいぶん髪を伸ばしていました。’80年代は流行りだったこともありましたし。
新しいメアド、アドレス帳に登録しておきました。ですので、ここでは、他の閲覧者にむやみに知られてはいけないと思い、○○○○○と編集しておきました。それでは今から、メールを書きます。

投稿: hanna | 2009年6月30日 (火) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤褐色の街にてⅡ ~ヒマラヤからの朝日~ その2 | トップページ | 7月ですネー »