« アンナプルナ内院に挑んで その6 | トップページ | ムクチナート ~聖地への道~ その1 »

2009年6月 1日 (月)

今日から6月・・・

ですね。

以前なら”衣替え”という習慣がありましたが、ここ数年来の地球温暖化のせいでしょうか、この時期にはとっくに”衣替え”は終わっているという人も多いのではないでしょうか?かく言う私も、その一人です coldsweats01

少し前ですが、”桜”にしても昔は、入学式などの新学期、新たな年度の始まりの頃にちょうど満開の見頃でしたが、近年では、もちろんその地方にもよりますが、4月にはすでにピークが過ぎている weep 、なんてことも多いのでは?

日本古来の良き”情緒”というものが、少しずつ失われていくような気がするのは、決して私だけではないでしょう。もちろん、時代は常に動いているので、「変えるべきことは変えていく」のも必要でしょうし、「守るべものは守る」ことも必要です。こんな時私は、「温故知新」という言葉を思い出します think 。「故(ふる)きを温(たず)ね、新しきを知る」という意味であるのは、皆さんご承知でしょう。私は、今一度「古き良き時代」を振り返り、そして今に生かせていけたら confident 、と思います。

私が今書き綴っているブログ、「1984 初めての海外へ」も、25年前の若かりし頃の自分、そして「この体験があったからこそ、今の自分がある」と改めて痛感しています wink 。過去ばかり振り返っていては、前には進めませんが、たまにはこうして、過去を振り返る必要もあるのでは?と思います。

明日からのブログは、トレッキングの続き、古(いにしえ)のインド~チベット交易路を歩きます shoe 。その後は、インドでのクーデターの影響もありカトマンドゥに滞在せざるを得なかった私の、カトマンドゥでの生活ぶり、様々な体験を紹介していきます。ご承知のとおり、残念ながら写真 camera がほとんどないブログになりますが、それでも文章から私の拙い経験を感じていただけたら、とても嬉しく思います happy01

ご意見、ご感想、いつでも受け付けています。誹謗・中傷でなければ・・・。

P.S・・・右サイドバーに、BIGLOBEの温泉ガイドを新たに載せました。ETCの土日割引を利用して温泉旅行を考えている方、少しでも参考にしていただけたら・・・。もちろん、この私も参考にしています。

|

« アンナプルナ内院に挑んで その6 | トップページ | ムクチナート ~聖地への道~ その1 »

コメント

なんだか埼玉に越してからいいことがありません。でも、時はどんどん経って行ってしまいます。私自身が古人(いにしえびと)なのでもっと新しい方をむき前に進みたいのですが。今日はとりあえず上の孫の調子が悪く心配です。


hannaさんへ

あらら!hannaさんらしくないですヨ!私もあまり言えた義理ではありませんが、前向きにプラス志向で行きましょうヨ!hannaさんが古人だなんて、私は思ってもいません・・・。TOEICに最高齢でチャレンジされたり、PCに向かったりしているじゃないですか!まだまだ全然お若いですヨ!「人生には、良いことと悪いことが半分ずつある」と、誰かが言っていましたが、hannaさんにとって、ここ最近が「悪い時」なだけなのでは?また、「良い時」が必ず来るはず!お互い「前向き」に頑張りましょう!
それにしても、hannaさん自身をはじめ、お母様、そして今日はお孫さん・・・、大変ですネ!もし私が近所に住んでいたら、少しでもお役に立てたら、と思うのですが、ムリですので、遠くから「少しでも良くなるように」と、お祈りいたします。

投稿: hanna | 2009年6月 2日 (火) 21時32分

暑い寒いと思えば「衣替え」と最近のモットーにしています。年がら年中上着とネクタイはしていますけど、この所は暑さが厳しいのでそろそろ「一人我慢大会」をやめようかと考えていますよ。

過去の旅内容は前コメント通りです。
hanna様は埼玉在住なんですね。
北越谷住まいの若いモン邸には何度か行きましたがいい所でしたよ。新興住宅地で静かでした。


青龍○段さんへ

「衣替え」といっても近年では、その年によって気温も違ってきますし、色々ですよネ!私がかつて釧路にいたころ、当時は真夏でも20℃を超えることが珍しく、11月に父が病に倒れ帰郷した時、人々は長袖を重ね着しているのに、私は釧路の涼しさ、寒さに慣れてしまっていて、半袖Tシャツを着て、近所の人や友達から驚かれたことがあります。人間、自分に合った自然体の恰好で良いのでは?、と思います。
hannaさんは、ありゃ?私は、宇都宮近辺つまり栃木県在住かとずっと思っていました。今さらながら・・・お恥ずかしい・・・。でも、ご存じの通り毎回欠かさず読んで下さり、コメントして下さっている、とても律儀で誠実な方です。このような尊敬できる方とお知り合いになれたことは、私にとっては誇りであり、”かけがえのない財産”だと思います。
青龍○段さんからご紹介していただいたbellaさんも同じく、尊敬できる方だと思っています。hannaさんのお怪我が1日も早く治りますよう、青龍○段さんもお祈り下さいませ。ヨロシク!

投稿: 青龍○段 | 2009年6月 3日 (水) 00時37分

こんばんは。 私も今のところ、いつもいつも夢があって
停滞することがありません。  でも過去の蓄積には ちゃんと
お世話になっていますから 過去に感謝して未来に夢を託す、
という感じです。  きっと皺くちゃの夢見るお婆ちゃんになるネ!
もうなってるよ~~?!

募辺未行さんも ちゃんとお仕事頑張っていらっしゃるけど 一方で いつも夢見る青年ですね、素敵な人生楽しみましょう!


bellaさんへ

人間はいつだって”欲望”の塊だと思います。国単位でいえば、悲惨な戦争が今だに起こるし、その火種を作っている国もすぐそばにありますし・・・。でも、”欲望”と”夢”は、全く別物だと思います。”夢”はその人の”きれいな欲望、純粋な気持ち”だと思います。
私も”過去”の貴重な体験を生かして、今現在の自分、そして未来へとつなげていきたいと思っていますし、そして一生、死ぬまで”夢”を持ち続けていたい!と思います。
以前から少し気になってはいたのですが、きっと私よりは”お姉さん”かな?だとしたら、とても嬉しいです。私は4人兄弟の末っ子で、母に甘やかされ、2人の姉に可愛がられた幼い経験がありますし、今は亡き祖母にも大人になってからも”子供扱い”されるほど、可愛がられましたので、年上の女性に親しくしていただけるのは、私にはむしろ”光栄”であり”嬉しい!”ことなのです。私が”ひとり旅”を好むようになったのも、高校時代に旅先で知り合った3つ年上の女性の影響が大いに関係しています。
私のブログにいつもコメントしていただけるhannaさんも、私にとっては”ステキなお姉さん”でもあり、ときには”先生”であり”母”でもあります。
”夢見る青年”、ハイ!その通りです。自称”万年青年”です。できる限り、子供の頃の”ガキ”だった頃の心を、いつまでも忘れない、持ち続けたい、そう思いながら今日も生きています(照)。

投稿: bella | 2009年6月 3日 (水) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンナプルナ内院に挑んで その6 | トップページ | ムクチナート ~聖地への道~ その1 »