« 赤褐色の街にてⅡ ~カジノネパールにて~ その2 | トップページ | 赤褐色の街にてⅡ ~インド人女中さんの日本料理~ その1 »

2009年6月22日 (月)

赤褐色の街にてⅡ ~カジノネパールにて~ その3

 そして次の日、2日も続けて通ってしまったのだが、そのわけは・・・。日浦さんという一人旅の女の子 virgo (19才)がストーンハウス・ロッジ hotel にこの日チェックインした。しかし、あいにくこの日はシングルが空いてなくて、翌日なら空くということで、この日1日だけ彼女はドミトリーに泊まることにしたそうだ。彼女はこの日、インドのデリーから空路 airplane やって来たそうで、それを知った同じドミトリーの金井さんが、「その航空券とパスポートをカジノで見せれば、クーポン free がもらえるから、それで遊べるヨ!」と、彼女をカジノへと誘ったのだ。そしてもちろん、俺にも声をかけてくれたのだ happy01

この日のメンバーは、金井さん、岩田さん、俺の3人は昨日と同じ、新たに日浦さん、そしてカルカッタでお世話になった隣室の上田さんも、一緒に行くことになった(千石さんはこの日はパス、克ちゃんはこの日の朝、ポカラへと旅立っていた)。

カジノでは、他の人たちに比べ、年齢が近いこともあって、日浦さん virgo とはとても親しく話をしていた happy02 。そして皆それぞれ、色々なゲームを楽しむ happy01 。俺は初めはスロットマシンで遊んでいた。すると・・・、この日も昨日同様、大当たり sign03 またしてもBAR shine が並んで、100ルピー dollardollardollar happy01 sign03  初めて来た日浦さんと上田さんは驚き coldsweats02 、昨日も一緒だった金井さんと岩田さんは、「エッ coldsweats02 sign02 ジン君 sign01・・・またかい wobbly sign02 」と、驚きよりもむしろ感心していた confident

調子に乗った俺は coldsweats01 、次に’Pontoon’というブラックジャックに似た賭けに挑戦してみた angryヤルゾ! 。せっかくカジノへ来たのだから、スロットマシンだけで終わっては、つまらないから gawk!その場に座ると、あっさりと100ルピー投げて、10ルピーの賭け札を10枚買う。しかし、このゲームはやってみて気がついたのだが、親とタイ(同じ)の場合、イーブン(引き分け)にはならず、親の’勝ち’になってしまう shock 。負けないようにと、さんざん粘っていたが angryガンバ、残り札が少なくなると「もういいや wobbly!」って気になって、結局100ルピー負けてしまった weep 。昨日の’勝ち’が吹っ飛んだ sad shock

いつもの生活なら、同じものを買うのに1ルピー、いや50パイサ(1/2ルピー) moneybag で争うのに coldsweats01 、100ルピーという、ほぼ3日分の滞在費を、いとも簡単に捨ててしまう bearing 。ここでは、ゲームも確かに面白いけど、それ以上に’人間の心理’のほうが面白かった bleah

|

« 赤褐色の街にてⅡ ~カジノネパールにて~ その2 | トップページ | 赤褐色の街にてⅡ ~インド人女中さんの日本料理~ その1 »

コメント

おはようございます(本日は2直のため、夕方お出かけします)

カードゲームはプロである親の方が有利ですからね~
負けたとしてもよい経験だったことでしょう。
熱くなる人はそこから抜けられませんからね。
何事もほどほどがいいようです。

「1円パチンコ」は少し中途半端な書き方になりました。
要は通常4円で一玉借りる。「1円パチンコ」は1円で一玉借りることになります。単純に4倍の玉で遊べます。もちろん換金率も低いので低リスク低リターンです。
「5円スロット」こちらは通常1枚20円で借りるのですが、「5円スロット」は1枚5円で借ります。

お店にも依りますが、導入しているところは増えていて人気のコーナーとなっていますよ。


別件ですが、「いい色」には下書き機能も付いています。
過去のコメントもコピペで載せることが出来ます~
(いっそのこと、どこかに旅日記ということで応募されてみてはいかがですか?私のトレッキング記事よりはるかに面白いし、原稿用紙換算で100枚以上になると思います。)


青龍○段さんへ

私がこれを書いている今頃は、お仕事中でしょうか?これを読んでるときは、「お疲れさま」ですネ。
「熱しやすく、冷めやすい」性格なものですから、一時的に熱くなることはあっても、「ハマる」ほどではなかったので、結局カジノへ行ったのはこの2回だけでした。とても楽しかったし、良い社会勉強にもなりました。
「1円パチンコ」「5円スロット」は、だいたい分かりました。なるほど、「ローリスク、ローリターン」なわけですネ!少ない投資で高い利益は、よほどの強運でない限り、生まれませんからネ~!でも、昨今の経済状況を考えると、人気が出るのもうなずけます。
「いい色」への引っ越し、再考してみます。もし、引っ越すとしたら、過去ログもすべて、まとめて「お引越し」させたいと思っています。せっかく書き綴ってきたブログ、このまま放置するのはもったいないし、それに今書いている旅があったからこそ、次の旅へと繋がっていってるので、放置するわけにはいきません。
「旅日記ということで応募」というのは、ま・まさか、出版社などに応募することですか?だとしたら、いやいや、そんな大それたこと考えてもいませんヨ!「お世辞」が過ぎますゾ!青龍さん!でも、正直に言えば、若い頃「”旅行作家”になりたい」、と思ったことがあるのは事実です(照)。

投稿: 青龍○段 | 2009年6月23日 (火) 08時38分

パチンコっていくらするんでしょう。それに、みんなあんなに速く玉がぐるぐる回っているのが見えるのかしら。覗いただけで目が回りそうで、あれはだめです。私は生徒とポーカーをしてもやたら勝つし、博才があるのかもしれません。修学旅行の列車の中では「緋牡丹のおアキ」と呼ばれていました。変な所に才能があるものですネ。


hannaさんへ

青龍○段さんのコメントによると、1玉4円ですから100円で25玉ということですネ。これで「当たり」が来ればいいのですが、そんな甘くはないと思います。私の母は結構ギャンブル運があるのか「500円か1000円あれば、まずかかる。3000円使ってもダメだったら、その日はヤメ!」と言っていたような覚えがあります。
ウーン、やっぱりhannaさん、ギャンブル運、「勝負運」があるのですネー!「緋牡丹のおアキ」、カッコイイー!生徒さんたちは、さぞかし「ギャフン!」となったことでしょうネ!今でもかつての「教え子」さんたちに慕われているhannaさん、何となく高校3年の時のクラス担任(女性教師でした)を思い出しました。

投稿: hanna | 2009年6月23日 (火) 13時16分

普段真面目な?未行さん、たまにはこうして遊んでくださると、ほっとします。 な~んちゃって!   楽しかったようですね。
そういえば、青年協力隊員もお似合いのような気がします。
もちろん今はお仕事離れられないでしょうが・・

我が家は主人は断然「山だけあればいい派」、私は「町の賑わいがないと淋しい派」です。  ブログの方少しお休みしますが、
そういうわけで北イタリアのコルティナダンベッゾなどアルプスとミラノなど街、両方を回ってきま~す


bellaさんへ

「普段真面目」に感じます~?う~ん・・・まぁどちらかと言えば真面目です。私のHN、”慕辺未行”と書いて”ボヘミアン”と読みます。自分で考えた当て字です (^_^; 。海外青年協力隊は、その頃友達によく言われました。「向いてる」と!残念ながら、海外へ行って教えられるほどの知識や技術を、何一つ持っていなかったので、応募することさえありませんでした。ですから高校の後輩がJOCVに応募する前に私に相談しに来た時、嬉しくもあり、悔しくもありました(ジェラシー!)。
ご主人様は「山だけあればいい」のですか?!なるほど・・・。まだまだネパールの旅日記はいくらでもありますし、写真もたくさんありますので、またそのうちに、ブログに載せるかと思います。
週末からのお休み、ヨーロッパへ、気をつけて、行ってらっしゃーい!帰国後のブログも、楽しみにしていまーす。(^_^)/

投稿: bella | 2009年6月24日 (水) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤褐色の街にてⅡ ~カジノネパールにて~ その2 | トップページ | 赤褐色の街にてⅡ ~インド人女中さんの日本料理~ その1 »