« 2002 ドイツ・スイスの旅 その36 | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その38 »

2009年4月18日 (土)

2002 ドイツ・スイスの旅 その37

13:30ごろから街へと繰り出す。ホテル hotel のレセプションでいただいた地図付きのパンフレット(日本語版)を頼りに歩き出す shoe 。旧市街までは意外に近く、歩いても10分かからないぐらいだった。

213  ローテンブルク旧市街への入り口

  レーダー門 scissors

レーダー門から城壁内の街へ入る。まず、城壁に沿って歩いてみる shoe 。人々の家 house を見ていると、まるで「おもちゃ箱 event 」の中を歩いているような気分だ happy01 。可愛らしく、清潔感あふれる家、三角屋根で、格子の窓、窓際にさり気なく飾られている花 bud tulip 、広くて大きな庭、庭を彩る草花 。センスがいい!というか、もう、ファッションと言ってもいい。

215  旧鍛冶屋の家 house

  特徴的な極端なとんがり屋根

  実に”絵”になってます good

  こんな家に、住んでみたい・・・lovely

城壁は階段を上がれば、通路を歩くことができるようになっている。すると、また違う視点から、街を眺めることができる。

218  城壁の通路から eye

  三角屋根の4階建て(?)の家

シュピタール門まで行き、帝国都市ホールの前を通り、しばらく行くと、ユースホステルがあった。さすが、ユースホステル発祥の国だ。古い街の伝統的な建物が、宿泊施設となっているのだ shine

シュピタール通りは、お土産屋さん present やレストラン restaurant がひしめき合っている。くるみ割り人形や壁掛け時計、陶磁器製品など、見ているだけでもなかなか楽しい happy01。テディベアももちろんある。

220  シュピタール通り

  メインストリートの一つです shoe foot shoe foot

264  テディベア heart

  とても可愛い lovely!けど、高い crying

帰国の日が迫っているので、そろそろお土産 present を買わなければいけないし、1件のお店で壁掛け時計 clock を見てみる。種類も豊富で、ここなら気に入ったものが見つかりそうだ。3つ欲しいので、あまり大きなものは買えない。それに飾る場所を考えると、やはり小さなものがいい。違う種類のもの3つ、うち一つは、昔ながらの「ぜんまい式」だ。これは21.5ユーロと、手ごろな値段 happy02 。電池式で31ユーロ。他にも、陶器でできたビアジョッキなど、欲しいもの lovely はたくさんあったが、なにぶん荷物が入りきるかどうか、それにお値段 moneybag が・・・ weep 。今回が最初で最後、ということはないだろうし、必ず2度3度とドイツへは訪れるような気がするから、次回の楽しみにしておこう。

|

« 2002 ドイツ・スイスの旅 その36 | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その38 »

コメント

本当に過去にタイムスリップしたみたいですよね。日本なら妻籠の宿などはそんな感じでしょうが、石の文化ですから趣が違う。おもちゃの家のようだし色彩的にもきれいだし、楽しいですね。coldsweats01お土産を買うのも旅の楽しみの一つ。いいもの手に入りました?


hannaさんへ

本当に、中世からの街並みをそのまま残しているような、それでもなお現代にマッチしている街、そういった印象を受けました。建物の形、色、窓辺にさり気なく飾られた花・・・、すべてが素敵でした!おもちゃ箱から飛び出して来たような街、絵本に出てきそうな街!それがローテンブルクですネ!日本にも、妻籠宿のように古い街並みを保存しているところは、たくさんありますよネ!そういうところ、大好きです!ヨーロッパとは確かに、趣は全然違いますが・・・。お土産は、ここでは「森の時計」を買いました。今もマイルームで、時を奏でています (^_^) !

投稿: hanna | 2009年4月19日 (日) 09時42分

三角屋根がいくつか目に留まりましたが、雪よけのせいでしょうか?
ローカル列車の車内は、ずっと乗ってこられた長距離列車のようではなく、国内の在来線みたいな座席なのでしょうかね?


青龍○段さんへ

ドイツは位置としては、日本より北にありますし、ここローテンブルクは、緯度でいえば、北海道のかなり北の方に当たりますから。冬にはずいぶん雪が降るでしょう。そのために、このような「三角屋根」になっているのでは?と思います。日本の、白川郷の合掌造りと同じ発想なんじゃないかな?
ここは、ローカル線ですが、でも、列車内はなかなかでしたヨ!1等車(室)もトイレもありましたし。ローカル線の列車にしては、本当に豪華でした!列車内の写真、撮っておけばよかったなぁ・・・(泣)

投稿: 青龍○段 | 2009年4月19日 (日) 18時01分

桜パパの≡Slowlifeです(。・ω・)ノ大阪から発信遊泳中です

遊びに来ました、宜しくお願い致します。☆彡

今日も笑顔で(*⌒ー⌒笑)o『笑う門には福来る』感謝♪
http://blog.livedoor.jp/sakurapapa16/


桜パパの≡⊂⌒⊃≡Slowlifeさんへ

はじめまして。コメントいただき、ありがとうございます。
どちらから、ご訪問されたのでしょうか?私のブログに本当に興味・関心があって、ご訪問して下さったのでしたら、大歓迎ですが・・・?どちらでしょう?今後もご訪問して下さるのか、成り行きを見守ります。

投稿: 桜パパの≡⊂⌒⊃≡Slowlife | 2009年5月17日 (日) 18時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2002 ドイツ・スイスの旅 その36 | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その38 »