« 2002 ドイツ・スイスの旅 最終回 | トップページ | 25年前・・・ »

2009年4月29日 (水)

サイドバーの・・・

世界地図の時計と、小動物図鑑・・・

私はけっこう、気に入っているのですが happy01 、読みに来てくださっている皆様は、いかがですか good or ng

時計は、オレンジ色のポイントをクリックすれば、その場所の現在時刻が表示されます。例えば、ロサンゼルス、ニューヨーク、メキシコシティ、リオデジャネイロ。ロンドン、パリ。ナイロビ。香港。シドニー、ウェリントン。そして東京。私は時々これで、「今ドイツは何時かな?何してるかな?」と、エルマーとアンジュラに思いを馳せています。インド(日本との時差-3時間半)やネパール(時差-3時間45分)、タイ(時差-2時間)も表示されていたら、なお良かったのですが・・・。

それから、小動物図鑑 wink

私は、ここに出てくる「オカメインコ chick 」を以前、飼っていたことがあって、もう懐かしくてたまりません weep !ホント、そっくりですから!今頃、あの世で、元気に飛び回っているのかなぁ?

私は、基本的に生き物や動物は大好きです。ただし、カマキリとヘビだけは、勘弁して下さい crying

カマキリは、幼い頃、カマキリ同士で喧嘩して負けたカマキリが、勝ったカマキリに共食いされたのを見て、鳥肌が立ち、もうダメ shock

ヘビは、やはり子供のころに飼っていたジュウシマツが、ある朝、鳥かごを見ると・・・、そこにはジュウシマツではなく、お腹をパンパンに膨らませた一匹のヘビがとぐろを巻いて寝ていたのです shock crying ng

その時のことは、今でも鮮明に覚えています。近所のおじさんに、ヘビを起こさないように鳥小屋から、巣ごとヘビを取り出し、ビニール袋に入れて封を縛り、空き缶に入れてさらに灯油を入れ、火をつけました(ヒェ~!残酷でしょうか wobbly ?)。

カマキリとヘビに対しては、このようなトラウマが今でもありますsad

でも、他はおおむね大丈夫(?)です。とくに鳥は heart !セキセイインコは、長い間飼っていましたので lovely

怪我をした野生のスズメやハトを保護して、元気になるまで飼っていたこともあります despair 。足を骨折した鳩を保護して、赤チンを塗って、爪楊枝を骨折した足の添え木にして、しばらくの間「ポッポ」と名付け、元気になった後、野生に帰してあげたのですが、我が家に来れば「餌がもらえる」と学習してしまった wobbly みたいで、我が家の近くから一向に離れませんでした weep

当時、小学生だった私が帰宅すると、家の近くの電柱に、いつも1羽の鳩 chick がいました。「ポッポ?」と呼ぶと、すぐに飛び降りて来て、私の足元で「クーックックッ note 」と、じゃれつくのです。まあ、それはそれで可愛かった lovely ですけどネ happy01 sign03 そして「しょうがないナァ!」と言いつつ、母が餌を与えていました。ポッポはさも「お腹すいてたんだ」とでも言いたげに、ただ、がむしゃらに餌(お米、又は小鳥の餌)を、ついばんでいました delicious

あれれ・・・?小動物図鑑の話からずいぶん離れてしまいました。ごめんなさい m(u_u)m !

まぁ、そんな訳で(って、どんな訳だか?)、本文のブログは当然ですが、サイドバーも楽しんでいただけたら sign02 と思って本日のブログといたします bleah

|

« 2002 ドイツ・スイスの旅 最終回 | トップページ | 25年前・・・ »

コメント

世界時計は実際に電話をする時、とても気になります。フランスもドイツも同じですから、おわかりでしょうが、あちらが起きた頃、こちらは夕飯の準備で、ついまた明日にしようと一日延ばししがちです。慕辺未行さんはお仕事中でしょう。  ボストンに電話する時は 約12時間違いで、大変な面と計算しやすい面とあります。

動物との付き合いは 話せば長くなるのでカットですが、大の動物好きですよ~  カマキリも大好き、あの好戦的な三角頭、可愛いですね~
豚インフル、どうなるでしょうね~~


bellaさんへ

私がドイツの友人宅へ行くと、翌朝、彼らが必ず言うのです。「母へ電話しなさい」と。私が母と二人暮らしであることを、彼らは知っているので。8~9時なら、日本は15~16時(夏時間)ですから、問題ないのですが、夕方以降ですと、かけられません。もしこちらからかける場合は、土・日曜の夕方から夜にかけて、かけるようにしています。
オオーッ!動物好きですか? (^_^) でも・・・、私は・・・カマキリは・・・ダメ (;_;) !豚インフルエンザ、確かに気になりますネ!かつての”SARS”のようにならなければ・・・、と思います。同僚が一人、アメリカ西海岸へ行っているので、無事の帰国を祈っています。

投稿: bella | 2009年4月30日 (木) 13時22分

今まで特に気にして開いたことはありませんでしたが、思わず開いてみました。フムフムなるほど、と感心しながら。私もカマキリや蛇は仲良くしたくはありません。別にトラウマはありませんが。そして私の英語仲間、今一人はラスベガスへ出張中。帰ってきたら豚インフルエンザ騒ぎの渦中でしょうが思わず時計見ました。この間TOEICで私と同点でした。そのために彼女はアメリカ出張が決まったのですが、私には何も恩恵はいまさらありません。当たり前かな。ま、でもいいです。最高齢かもしれないのに受けたことで良しとしましょう。ボケ防止の英語だけはできるだけ続けていこうと思っています。


hannaさんへ

hannaさんなら、世界時計は気になるんじゃないかな?と、思っていました。それにしても、TOEIC受けられたなんて、スゴイ!私は全く自信がないので、受けたことも受ける気もないのですが・・・(泣)!最高齢だったかはともかく、hannaさん、まだまだ十分お若いですヨ (^_^) !”ボケ防止”だなんて、まだずっと先の話ですヨ (^o^)/!私の母は最近、物忘れとかが激しくて!ちなみに、あと十数日で77才です。
それにしても、ラスベガス・・・行ってみたいナァ!すっからかんになって帰ってくるのが”オチ”かもしれないですけど・・・(笑)!ずいぶん昔、ネパールのカジノのスロットマシンで、およそ10日分の宿代を出したことがあります(明日からの”古い旅日記”の中でも、その時の様子を紹介する予定です)。
韓国・ソウルへ行かれるそうですが、たぶん大丈夫でしょうが、豚インフルエンザにお気をつけください。ご主人さまとの楽しいご旅行、思う存分に満喫してきてください (^_^) !

投稿: hanna | 2009年4月30日 (木) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2002 ドイツ・スイスの旅 最終回 | トップページ | 25年前・・・ »