« 2002 ドイツ・スイスの旅 その32 | トップページ | ジャーマン・ジョーク »

2009年4月12日 (日)

2002 ドイツ・スイスの旅 その33

駅構内の銀行 bank で、クレジットカードでユーロに両替 moneybag 。その列に並んでいたとき、見覚えのある女性 virgo が一人いた。彼女も俺に気づいて、ニッコリ happy01 微笑んでくれた。「アッ sign02 ビュッフェカー restaurant in bullettrain にいたウェイトレス virgo だ!」彼女は両替を済ませた後、俺の横を通り過ぎる時、笑顔 happy01 で「グッバイ wink !」と、声かけてくれた。

そして外へ出てみると、何やら車 car のクラクションが騒々しい up sign02 wobbly 。「何事だ?事故か?それとも喧嘩か?」と思ったが、どうやら違うようだ。どの車も、大きなドイツ国旗を掲げて、人々にアピールしている。「そうか flair!今日、ワールドカップ(サッカー日韓大会)で、ドイツがまた勝ったんだ scissors!」と、即座に納得した confident 。それにしても、すごい車の数、そして騒音!でも誰も、文句は言わない。この国のサッカー人気がうかがい知れる。

208  2002ワールドカップサッカー日韓大会で、自国ドイツの勝利に沸くシュツットガルト市民!この騒ぎ、熱狂は、ハンパじゃなかった gawk

駅前の横断歩道を渡り、ホテル hotel へと向かう。と言っても、予約してあるわけがない。行き当たりばったりの旅だから!ガイドブックを見て、駅から5分ほどで料金も日本円で yen1万円ぐらいとあったので、直接行って泊まれるかどうか、尋ねてみるつもりなのだ coldsweats01

ホテル名は『Hotel Unger』。駅前の大通りから1本裏の道沿いにある。レセプション(受付)へ行って、「今日、泊まりたいのですが、予約はしていません。バス・トイレ付のシングル・ルームがいいのですが、泊まれますか?」と尋ねると、「O.K」の返事 happy01 。朝食付きで72ユーロ(約8640円)だ。ただし、エアコンはないらしい。「え~っ coldsweats02!今日って暑いですよネ sweat01?」と言っても、笑っているだけ。「まあ、いいか coldsweats01 」と思い、部屋へと案内されると、部屋の中は蒸し暑い sweat01 sweat02!「裸で寝ればいいか think 」と、気を取り直す。

レセプションの前に、時刻表があったので、明日の移動のために列車の時刻を調べてみる。すると、ヴュルツブルク行きの列車 train が、9:05と11:05、2時間おきに出ている。いずれにしても、明日中にはローテンブルクに着きたい bleah 。ヴュルツブルクからはそれほど遠くはないので、問題なさそうだ。

部屋へ戻ると、外は雨 rain が降り出していた。しかも、雷 thunder まで鳴っている。夕立のようだ。今からでも市内観光をする時間は十分と思っていたのに、この天気では・・・ weep!外出をあきらめ、風呂に入る。そう、このホテルの部屋には、バスタブがある。お湯をくべて入浴用のジェルを入れて泡立てる。外国映画の入浴シーンでよく見る光景だ wink 。バスタブを石鹸の泡でいっぱいにする。一度やってみたかった。人によっては、肌に合わない方もいるようだが・・・。やってみると、なかなか優雅な気分 confident!なのだが、やがて泡は消えていってしまう。洗濯も終えて、窓の外を見てみると、雨はやみ陽が射している sun

|

« 2002 ドイツ・スイスの旅 その32 | トップページ | ジャーマン・ジョーク »

コメント

あのサッカーのあった時ですか。私はそれほど興味はないけれど、大騒ぎでしたね。きっとすごいもりあがりでしたでしょう。ローテンブルクは中世の美しい街ですね。それにしても、エアコンなしは今時ありえないけれど、私も、アルトハイデルベルグでは、お風呂のお湯が途中で止まり、寒いのに往生しました。マアおおらかというか、そんなところも現代生活に慣れすぎた私たちにはいいかも。
アジアの列車で、2日かかりの列車の旅に、生暖かいビールとぬるいヌードルしか食べられず大変だったという話を聞きました。坂道では、大荷物をしょった人が列車を追い抜いて行ったそうです。フエshock


hannaさんへ

ケルンの街を案内していただいた日も、ドイツが勝利した日で、街のオープンカフェでは、試合のVTRを流しながらビール片手に盛り上がっていました。エアコンなしの部屋は、アジアの安宿で何度も体験していますので、慣れてはいますが・・・。私もある本で、中国の列車でビールを注文したら、生ぬるかったと読んだ覚えがあります。本の著者は、タオルを濡らして瓶に巻き、気化熱で少しでも冷やそうとしたようです。
旅先でのハプニングや驚きは、多かれ少なかれ、誰にでもあるようで、それが旅の面白さだと思っています。今まで通り、これからもずっと、楽しみに読んでいただけたら、とても嬉しく思います。

投稿: hanna | 2009年4月13日 (月) 18時11分

こんばんは~
そうか~って私はサッカーなるスポーツがよく分かっていないのですが、そういう時期だったのですね~(未だにサッカーの「さ」の字も知らない、ついで言えば野球の「やき」までは分かっている、つまり運動音痴なのです>笑)
さてその当時はコメント拝見する限りは暑かったようですね~
今となっては何ですが、昨年買ったユニクロの吸水発汗Tシャツ、寝間着にもバッチリ、外出着にもこれからの季節は最適ですよ(既にお持ちかもしれませんが)
もしまだでしたら一度お試し下さいませ。

泡風呂、一度は体験したいですよね~今の自宅ではそんな事をしたら嫁さんに怒られますが単身赴任の時に部屋で一人頼んでいました。あれはなかなか面白かった。


青龍○段さんへ

おお~!意外でした!私はTVでのスポーツ観戦が好きです。サッカーは、ワールドカップやオリンピックなどの国際大会、日本とドイツを応援しています。野球は地元、中日ファン。他に女子バレーボールかな!元全日本代表の「かおる姫」こと、菅山かおる選手が、ビーチバレーに転向し、これまでの浅尾美和選手と共に、ビーチバレーの人気がますます高まりそうです。
ユニクロにも、そのようなTシャツ売っているのですか?かつて、オーロンやドラロンといった素材のTシャツが、吸水発汗に優れ、山行きはもちろん、海外へ行ったときも、夜、手洗いしてギュッと絞っておけば、朝には乾いているので、とても重宝しました。
泡風呂は、さすがに自宅ではできませんよネェ (笑)!

投稿: 青龍○段 | 2009年4月13日 (月) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2002 ドイツ・スイスの旅 その32 | トップページ | ジャーマン・ジョーク »