« ジャーマン・ジョーク | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その35 »

2009年4月14日 (火)

2002 ドイツ・スイスの旅 その34

まだ6:30。陽が暮れる night までには、時間は十分。ここぞとばかりに外出する。初めに行ったのは、意外にもデパート。ドイツのデパートって、どんなふうかなって思って。日本のデパートとあまり変わりはないかな?でも、ファッション t-shirt denim は大胆なデザインが多い。紳士物でさえも日本ではとても恥ずかしくて買えないようなデザインのものが、堂々と展示されている。スウォッチの時計 watch もあった。40ユーロぐらいのものもあって、買おうかとも思ったが、日本で買うよりどれほど安いのかわからない。デザインそのものは、なかなかおしゃれで気品もある。が、結局買わなかった。空港の免税店でも売っているだろうし。

デパートを出て宮殿庭園へ。大勢の人々が夕方のひとときを、散歩したりして楽しんでいる。池には噴水があり、その向こうに宮殿がある。池の東側には、州立劇場。劇場の上には様々な彫刻、そして宮殿前には、色とりどりの花壇。通りを2両編成のバス(ベンツ製)が走り、その向こうに旧宮殿(現;州立歴史博物館)、シラー広場からホテル方面へ。

200_2

 新宮殿と池の噴水

203_9  新宮殿と

 庭園の花壇

201_2  州立劇場

 いくつもの彫刻が乗ってます

205  旧宮殿

 歴史を感じさせる建物

206  2両編成のベンツバス

 日本ではお目にかかれない

 

途中で、この日のワールドカップ soccer のドイツの勝利を祝う大勢の市民に遭遇。皆ビール beer をしこたま飲んだのか、とてもビール臭い!が、人々の喜び、興奮、熱気がじかに伝わってくる。訊いてみれば、この日は、対USA戦で1-0で勝ったそうだ。たくさんの群衆の中、別に”危険だ!” とか ”危ない!” とは思わなかった。だって皆、喜びに満ち溢れていたから!負けたのならまだしても、そんな時に悪さしようという人はいないだろう。

歩行者専用の通りへ出る。そこかしこで、まだアマチュア、というか修業中なのか、ギターやアコーディオンを演奏 note している人がいる。ふと足を止めて聞いてみると、”メモリー” ”虹の彼方に(オズの魔法使い)” を演奏している。日本でも、お馴染みの曲だ。

ふと見ると、マクドナルド fastfood がある。「ドイツのマクドナルドには、メニューにビール beer がある」と聞いたことがあるのだが、「本当かな?」と思って、店の入り口にあるメニューを見てみると、確かにある!ビールが!やはり、本当だったんだ!さすがビールの本場!ドイツ!時間も遅くなってきたし、ここで夕食にしようかと思ったが、混んでいたのでやめた、というか、メニューが日本と変わり映えしなかったから。

そして、『マルシェ』という、バイキング形式のセルフサービスのレストランへ。適当に好きなものを皿にとる。野菜を摂らなければ、と思いサラダを選び、そしてフランクフルトなど、ドリンクはもちろんビール!計14ユーロ(1680円)になった。フランクフルトはチーズも入っていて、とてもウマイ!ナイフで切ると、肉汁があふれ出てくる。ビールもそれほど冷えてはいないが、とてもウマイ happy01

食事を済ませホテルへ戻ると、10時を回っていた。再度シャワーを浴びる。明日は、日本出国前から「ぜひ行ってみたい!」と思っていた街、ローテンブルクへ向かおう。

シュツットガルト、ホテル・ウンガーにて

|

« ジャーマン・ジョーク | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その35 »

コメント

西洋庭園は幾何学を思い出させます。感性よりも理にかなっている自然を取り込むのではなく、自然を人間が作りかえる。それはそれで面白いですね。私の身内のドイツ人もビールは冷やして飲みませんよ。キンキンに冷やして飲むのは日本人だそうです。でも、冷たいとおいしいんですよね。勝利に酔いしれるには何でもいいでしょうが。
昔東京には二両連結のトローリーバスが走っていました。いつきえたんだろう。あれ?上海では連結部分まで人が乗っているのを見ました。
ローデンブルグ楽しみですね。


hannaさんへ

ヨーロッパで見た宮殿の庭園は、おっしゃるように幾何学模様になってるところが多かったような気がします。
私も、ビールをきんきんに冷やして飲むのは、日本人だけ、と聞いたことがあります。でも、ドイツのビールは、そんなに冷えていなくても、おいしかった (^_^)ニコニコ!もちろん、冷やしてあったところもありましたヨ!
トロリーバス、懐かしい響きです。およそ25年前、初めて行った海外で、カトマンドゥからバクタプールという街まで、トロリーバスで出掛けたことを思い出しました。
ローテンブルク、できる限り写真もたくさん載せてみたい、と思っています。お楽しみに!

投稿: hanna | 2009年4月15日 (水) 09時13分

こちら、千葉市の とある駅から、今、ぶっちぎり最下位のロッテ、マリンスタジアムまで、2両編成のバスが往復しています。かなりローカルなお話でした・・!
サッカーは ドイツが勝った時でよかったですね。 フーリガンはなんといっても英国が「産地」ですから、大元でかれらの入国には相当気を遣ったことでしょう。 ドイツ人でも負けると ヤケを起こす人もいたでしょうし・・

スウオッチは 手頃なお値段でしたね。 デザインそのものが気に入るかどうかで、わたしなら決めますよ。 だって次の店で、そのデザインがあることは スウオッチの場合殆どありませんから・・ wink   でも男の方はお買い物はメインではないでしょう・・   私も、高いものは勇気がわきませんよ~~


bellaさんへ

へえ~!千葉には2両編成のバス、あるのですか?知らなかった!どんなのか見てみたい・・・。旅好きな人は、交通機関にも少なからず関心持ちますから!
ドイツが勝ち進んでいるときで良かったです。この大会では、ドイツのゴール・キーパー、オリバー・カーンがMVPに輝きましたし。
スウォッチは、オーロラ紀行でも書きましたが、この2年後フランクフルト国際空港の免税店で買いました。私の場合、買い物というより、一人自宅で留守番している母への土産がメインです。でも、冷やかしで周るのも、面白いです。その国の文化なども解りますから。

投稿: | 2009年4月15日 (水) 21時26分

上のコメント、署名を忘れました・・coldsweats01


bellaさんへ

忘れることも、ご愛嬌 (^_^)ニコニコ!わざわざ、すみません・・・!

投稿: bella | 2009年4月15日 (水) 21時29分

bella様のおっしゃる通り、千葉には2階建てバス、もとい2両編成のバスがあります。何度か乗りましたけど、形はほぼ同じ、タイヤの数は忘れましたけど。私は津田沼から幕張へ向かう時にのりました(後に原チャリで行ける距離と分かったのは赴任してから3年ほど過ぎたときですけど)

その昔、確かカヌーイストの野田知佑さんも若かりし頃街頭でギターを弾いて少しばかり資金が貯まったと記憶しています。


青龍○段さんへ

千葉にある2両編成のバスって、まさか「ベンツ製」ということはないでしょうネ?!日本だから「いすゞ」か「ふそう」が造ってるのかな?なにはともあれ、一度見てみたい!千葉へは、バブルの時代、仕事で何度か行きました。幕張メッセへも行きましたヨー!その時の仕事の特権を生かして、「東京モーターショー」を、客でありながら「タダ」で見てきたことを思い出しました (^_^) !
野田知佑さん、いましたネェ!久しぶりに聞く名前です。昔、よく「ビーパル」に載ってたんじゃないかな?そんな一面が、彼にあったとは!?驚きました!

投稿: 青龍○段 | 2009年4月19日 (日) 17時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャーマン・ジョーク | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その35 »