« 2002 ドイツ・スイスの旅 その31 | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その33 »

2009年4月11日 (土)

2002 ドイツ・スイスの旅 その32

6月21日(金)

ツェルマット8:10(BVZ鉄道)9:33ブリーク9:59(IC)12:56チューリッヒ13:10(ICE)16:00シュツットガルト

 この日も朝早く目覚める。今日はスイスを離れ、再びドイツへと向かう。が、どこまで行くかは、まったく決めていない。チューリッヒまでの列車時刻しか分からないからだ。そこから先は、チューリッヒに着いてからの接続列車で決めるつもりだ。

7時に朝食 restaurant をとる。今日は、やや急いで食べる cafe fastfood 。そして、8:10発の列車に乗るために、7:45にホテル hotel をチェックアウト。駅までは、歩いても3分の距離なので楽だ。キオスクでミネラルウォーターを買って、列車 train に乗る。駅には、日本人の団体ツアーもいたが、違う列車だった。

195bvz_8  BVZ鉄道 train

 ブリークへと向かっています

ブリークへ9:33着、9:59発のICに乗る。ベルンまでは主要都市に停車したが、そこからチューリッヒまではノンストップで走り、12:56にチューリッヒに到着。駅のホームで接続の列車を調べると、13:10にシュツットガルト行きのICE(国際シティ特急) bullettrain が出る。シュツットガルトまで行けば、ヴュルツブルク、ローテンブルクへも行きやすい。そちらへ向かうことにする。時間がないので sweat01 、急いで駅構内を移動する run dash 。何とか、間に合った scissors

ICEの1等車は、新幹線 bullettrain のグリーン車並みのシート(だと思う、新幹線のグリーン車は乗ったことはありません)。ビュッフェ restaurant で、わずかに残ったスイスフランで軽く食事をとることにする。が、ビュッフェは立ち席なので、自分のシートへ持って行って食べることにする。何しろ、1等車両のシートには必ず、食事やパソコンなどができるほどのテーブルが備え付けてある。乗り心地も最高だ。シュツットガルトへは、16:00ちょうど、定刻通りに到着した。

199ice  シュツットガルトに到着

 素敵な列車でした happy01

|

« 2002 ドイツ・スイスの旅 その31 | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その33 »

コメント

列車の旅っていいですよね。旅をしているという気分になれます。快適な列車美しい景色ならなおのこと。乗り継ぎがめんどうだけれど、時間がなくてハラハラするのもあとでは思い出になります。イギリスで急に乗るべき電車が今日は走らないなんてことがあってびっくりしたけれど、それもあとからは笑い話です。subway


hannaさんへ

国内では、若い頃は周遊券片手に、列車での旅楽しんでいましたが、今はもっぱらマイカーばかりです。しかし、海外へ行くと、一人旅であることもあり、列車やバスでの旅になります。海外での交通機関は、時として日本では考えられないようなトラブルがありますから、焦ることもありますよね。ヨーロッパで乗った列車やバスは、どれも快適でした。それに比べるとアジアは、すごく暑いにも関わらず、エアコンのないバスや、日本では廃車同然のおんぼろバス、インドで乗った寝台列車の寝台は、マットがなくて寝袋を広げて寝ましたし。良くも悪くも、どれも楽しい思い出です。

投稿: hanna | 2009年4月12日 (日) 09時53分

列車の旅もいいですね~
「世界の車窓から」みたいですよ。
車内は禁煙席と喫煙席で別れているのですよね?
異国の地でタバコ吸うときは気をつけないと・・・
(レストランの一件は素早い機転でお見事でした)


青龍○段さんへ

ここ最近は、海外へ出ないと列車の旅、していないのですヨ!先月、東京駅発のブルートレインがすべてなくなって、何か寂しさを感じました。学生の頃は、周遊券を買って列車での旅、満喫していたのですが・・・!「世界の車窓から」、ほんの5分の番組ですが、好きでした。石丸謙二郎さんのナレーションも渋い!実は私も、この旅で色んな列車に乗るたびに、あの番組のテーマミュージック(チャラチャッチャ♪チャーンチャーン♪)が、頭の中を巡っていました!
今は日本でも、喫煙マナーに気を使わなければいけない時代になってしまいましたネ!「いっそ、やめようか?」と思いつつ、やめられない自分です。

投稿: 青龍○段 | 2009年4月12日 (日) 11時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2002 ドイツ・スイスの旅 その31 | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その33 »