« 2002 ドイツ・スイスの旅 その29 | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その31 »

2009年4月 8日 (水)

2002 ドイツ・スイスの旅 その30

ホテル hotel に戻り、昨日書いた絵葉書 mail を持って郵便局 postoffice へ。枚数分の切手を買う。1枚1.8フラン(148円)で日本へ届く。1枚1枚切手を貼り、言われたとおりにポストへ投函しようとしたのだが、7枚書いたはずなのに・・・、6枚しかない???wobbly sign02 1枚どこへ行ったのやら・・・?とりあえず、歩いて shoe きた道をホテル hotel へと戻ってみることにする。すると、大阪の女の子2人組 virgo virgo とばったり。彼女たちもちょうど郵便局 postoffice へ行くところだった。来た道を歩きながら、途中で落としていないか注意しながら、結局ホテルの部屋まで戻る。すると、テーブルの上に1枚残っていた。もう一度郵便局 postoffice へ行き、ポストに投函する。先ほどの彼女たち virgo virgo は、まだそこにいた。声をかける。俺は切手を買い、自分で絵葉書に切手を貼ってポストに投函したのに、彼女たちは窓口に葉書を出して切手代 moneybag を支払っただけで、後のことはすべて局員 postoffice がしてくれたらしい。

「この差はいったい、何なの sign02 」と言うと、彼女たちは

「”ジャパン fuji 、ジャパン sign03 ”としか言わなかった wink から、英語ができないと思われたんちゃうかな?」と、笑いながら happy02 言っている。なるほど、それだけでも十分に意思は伝わるか think

「せっかくだから、一緒に何か飲みません? confident  俺、ハイキング shoe から戻ったばっかりで喉カラカラでさー sad sweat02 bleah 、ビール beer 飲みたくて!一緒にどう heart01?ご馳走するから wink!」と誘うと

「イヤー!もう私たちの方こそご馳走させてください happy02!お世話になってるし、もしかしたらうちら『宿無し wobbly 』になってたかもしれへんもん!ナァー happy01!」

「イヤ、男が若い女の子 virgo に御馳走してもらう訳にはいかないから sad!とりあえず、行きません sign02

そして近くのオープンカフェ restaurant に入り、俺はビール beer 、彼女たちはあまり飲めないらしくジュースを注文した。彼女たちに「日の出ツアー sun 」のことを訊くと、すごく天気も良かった sun そうだ。午前中は曇って cloud いたから「大丈夫かなぁ think ?」と思っていたが、どうやら晴れていたようだ。午後はスネガまで地下ケーブルカー subway で行き、そこからハイキング shoe を楽しんだそうだ。お花畑 tulip もあちらこちらにあったらしい。明日は、ローマまで移動する bullettrain ようで、昼過ぎにツェルマットを出て約10時間かかる despair 、とのことだ。

カフェ restaurant を出る時、支払い moneybag をしようとするのだが、彼女たち virgo virgo はとにかく強引に俺を制し pout 、ウェイターに俺の分も含めて支払い moneybag をしてしまった。最初に声かけ誘ったのは、俺なのに・・・weep 。何か返って申し訳なかったような気がした。そしてお互いにホテル hotel へと戻る。彼女たち virgo virgo とは、それが最後となった。

191_2  ツェルマットの街を

 馬車が通ります。環境対策の一環です。

|

« 2002 ドイツ・スイスの旅 その29 | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その31 »

コメント

ジャパン、ジャパンで旅をする、すごいな。でも、楽しそうですね。「袖すりあうも多生の縁」ビールは役得。それにしても、次はローマ。ずいぶん大きくワープするんですね。イタリアもなかなか面白いし、おいしいところですね。ローマは古い歴史の上にのっているような都市ですし。だけど年をとると荷物と一緒にあちこちするのはしんどくて、一か所でじっくりのんびりが良くなってきてしまいます。若さだけは買えないしなあ。


hannaさんへ

彼女たちは、郵便局の窓口で絵葉書数枚差し出し、とにかく「ジャパン、ジャパン」の一言だけ。局員は、それだけですべてを理解したようです(笑)!ビールは、中年男が若い女性におごってもらうのは、かっこ悪いですヨ(汗)!イタリアへは、私はまだ一度も行ったことがありませんが、オードリー・ヘップバーンの大ファンなので、一度は訪れて「ローマの休日」を楽しみたいと思います。
hannaさん、まだまだ十分お若いですヨ(^_^)!特に、お気持ちが!一か所でじっくりのんびり、というのは年のせいなんかじゃありませんヨ!身軽に行動できるし、より貪欲にその土地を知ろう、という好奇心の現れではないでしょうか?私は、スケジュールにもよりますが、海外ではできる限り、ひとつの街で2泊以上するよう心がけています。

投稿: hanna | 2009年4月 9日 (木) 16時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2002 ドイツ・スイスの旅 その29 | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その31 »