« オーロラ紀行 その24 | トップページ | オーロラ紀行 その26 »

2009年1月 4日 (日)

オーロラ紀行 その25

16:30ごろ博物館を出て、街の中心部へ。

現金がほとんどなかったので、銀行のATMでキャッシングする。昨日もおろそうとしたのだが、MASTER CARD でおろせなくて困ってしまったのだ。しかし、よく考えたら VISA CARD は試していなかった。すると・・・VISA は受けつけてくれてキャッシングすることができた。これで少なくとも、明日の空港までのバス代やヘルシンキ駅で荷物を預ける小銭は用意できた。

そしてデパートのコーヒーショップでホットチョコレート(1.3ユーロ)を飲みながら休憩する。そしてほんの少しだけ買い物し、夕食へ。

この日も昨夜と同じ HARUNO PIZZA&KEBAB へ。ケパブ&ライス、サラダとコーラで8ユーロ。これでけっこうお腹もふくれる。そういえばライスを食べたのっていつ以来だろう?フィンランドへ来てから初めてのような気がする。

食事を終え、名残惜しむように夜の街を歩く。

169  ライトアップされたろうそく橋

 橋の名の由来分かりますよネ

19:20、ホテルへ戻り、ロビーで休憩し冷えた体を温める。

20:00すぎ、タクシーを呼んでいただき駅へと向かう。駅までは8.8ユーロだった。駅へ着くと、昨日サンタクロース村で見た日本人の団体がいる。どうやら同じ列車に乗るようだ。列車はすでに入線している。

171_2  サンタクロースエクスプレス

 とても長い列車だ

173  行き先表示板

 ヘルシンキへと向かう

Santa Claus Express 。21:00発の列車だ。荷物を寝台のある部屋へ置き、駅前の KIOSKI でカクテルとチョコレートを買う。

ヘルシンキまで11時間40分。カクテルを飲んだら、もう後は眠るしかない。

とうとう北極圏を去る。

177

 寝台車の中

 右側には洗面台も設置されている

 乗り心地は最高!

サンタクロースエクスプレスにて車中泊

|

« オーロラ紀行 その24 | トップページ | オーロラ紀行 その26 »

コメント

列車の旅って大好き。寝台車っていいですよね。世界で一番強いのがVISAカードみたいですよ。


hannaさんへ

寝台列車・・・、本当に旅情・旅愁を感じさせますよネ!
「これぞ、旅の醍醐味!!」という感じです。
日本国内でも、かつて東京~九州(長崎)を結んでいた
「みずほ」号や「さくら」号、
東京~青森の「ゆうづる」号、「あけぼの」号に乗ったことがあります。
インドでも、カルカッタ(現コルカタ)~ニューデリー間の「デリーエクスプレス」という名の夜行寝台列車に乗ったことがあります。
ここ十数年、ドライブでの旅ばかりでしたが、久々に列車の旅がしたくなりました。

VISAカードはどこでも通用するのかな?ひとつ勉強になりました(^_^)

投稿: hanna | 2009年1月 5日 (月) 18時41分

こんばんはぁ。
 
今日も一日お疲れさまでしたsnow
 
サンタクロースエクスプレスというお名前は
ロマンチックでいいですね。
寝台列車に乗ってみたいなぁ。confident
 
日本の寝台列車は洗面台はついているの??


すももさんへ

そちらは今日は雪・・・だったのかな???
サンタクロースエクスプレスは、日本からのツアー旅行でも、よく利用するようです。もっとも私が利用した寝台より、より豪華な寝台を利用するようですが・・・(泣)
日本の寝台列車でも、料金の高い個室寝台などは、洗面台はもちろん、シャワールームもあるとか・・・?安い寝台しか利用したことがないので、わかりません・・・。(笑)
 

投稿: すもも | 2009年1月28日 (水) 21時44分

  こんにちは~♪
やはり日本人はご飯ですよね
私は少なくとも一日一食はご飯、それも白いご飯を食べなければ何となく頼りないです。
 ライトアップされたローソク橋、成程ですね。
昼間なら解り辛いかも・・・
 サンタクロースエクスプレス
正しく夢を運ぶ長い列車ですね。
11時間40分の長~い道のり
そしてこの列車で北極圏を去る、感慨深いですね。


コスモスさんへ

ヨーロッパでもレストランではライスはありますが、しかし日本のようなご飯ではなく、たいていはタイ米のようなお米のご飯です。炊きあがりがパサパサの細長いご飯です。
ですから日本のようにご飯とおかずを別にして食べるより、混ぜて食べるほうが美味しいです。インドやネパール、タイでも何度か味わった経験がありますから、このご飯でも苦にはならなかったです。
このサンタクロースエクスプレス、ツアーにもこの列車に乗るコースがあるようです。サンタクロース村で見た日本人ツアー客が、同じ列車に乗るところを見ました。
それだけ人気も高いということでしょうね。

投稿: コスモス | 2011年4月27日 (水) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オーロラ紀行 その24 | トップページ | オーロラ紀行 その26 »