« エヴェレスト街道を行く その9 | トップページ | エヴェレスト街道を行く その11 »

2009年1月24日 (土)

エヴェレスト街道を行く その10

ファイブスター?

3月10日(火)晴れ
ヌンタラ8:00~10:40ジュビン12:30~14:00カリコーラ

 今朝も 6:30 起床。気温は10℃位。
朝食を終え、I さん、T 夫妻とともにスタートする。

歩きはじめると、左ひざが痛む。ラジンのペースに無理して合わせる必要はない。
ゆっくりマイペースで行こう。一緒にいる仲間たちも俺の膝を心配している。
E 氏は湿布を分けてくれるし、I さんも時折気にして「大丈夫?」と声かけてくれる。
嬉しい限りだ!

朝食がポリジ(粥)だったので、早々とお腹が空いてジュビンにて昼食とする。
I さんも同じ。E 氏は今、下痢気味らしい。彼はそれをジェスチャーで示した。

「食事をすると(お尻から)シャー、なんだ」って具合に。
これにはさすがに皆、理解することができた。

A さんはそれ以上に体調を崩しており、全く食がのどを通らないらしい。
彼らはここでコカ・コーラを飲んだだけ。俺とラジン、I さんは気長に食事を待つ。

T 夫妻は先に出発する前、
「今日もシェルパ・ガイド・ロッジズかい?」と尋ねた。
ラジンは「いや、今日はファイブ・スター・ホテルだ」と答える。

するとE 氏は、我々一人ひとりを指さしながら、
「ワン、ツー、スリー、フォー、ファイブ!オォッ!俺たちちょうどファイブスターじゃないか?!」と、おどける。

これには皆、納得の笑顔!

「そうね、私たち5人のスターだワ!」と I さん。
「E、あなたってホント楽しい男だよ!」と俺。
「何言ってるの dsching ? あなただって同じでしょ?」とA さん。
「そうよ!だから一緒にいるんじゃない!あなたがいると楽しいもん!」と再び I さん。

実に愉快で楽しいメンバーがそろったもんだ!
この感じなら、毎晩一緒に楽しく過ごせそうだ!

|

« エヴェレスト街道を行く その9 | トップページ | エヴェレスト街道を行く その11 »

コメント

体調が悪くても歩き続けるのも大変そうだけれど、みなさん朗らかですね。dschingさんはいつも健康な食欲に満ちていてなんか羨ましいくらいです。


hannaさんへ

欧米やオーストラリアなど、先進諸国は食べものや飲み物の質が良いのですが、アジア・アフリカ・南米などでは、水や油などの質が劣るからか、お腹をこわす人が多いようです。
以前、アンデスを見るために南米、ペルー・ボリビアへ旅した友達は、現地でお腹をこわし入院、そして・・・ほとんど観光できないまま帰国日を迎えたそうです。
私もトレッキングに出る前、カトマンドゥ滞在中に2~3度、下痢をしました。しかし、これは通過儀礼、このようなことがあって、初めて体がその国の食べ物や飲み物を抵抗なく受け付けられるようになるものなのです。ですから、トレッキング中は、何ともなくいつも食欲いっぱいでした。
しかし、ドイツ人の T 夫妻は休暇日数の都合で、ネパール到着後ほんの3日ほどでトレッキングに出発しましたので、それがその時に出てしまったのでしょう。
それでも彼らのあの体力、明るさ、陽気さは「スゴイ!」と思いました。

投稿: hanna | 2009年1月24日 (土) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エヴェレスト街道を行く その9 | トップページ | エヴェレスト街道を行く その11 »