« ほろ酔い話 | トップページ | オーロラ紀行 その10 »

2008年11月 9日 (日)

ドイツから

メールが届きました。

差出人はもちろん、我が「エヴェレスト・トレッキング仲間」のT夫妻。

文章は、すべてドイツ語。

「辞書、辞書・・・」 (^-^;

何とか大体のことは分かった。

気になることが一つ。

奥様のAさんのご実家で飼われているシェパードのREX、御年15歳。彼が、このところ元気がなく、動物病院へ連れて行ったところ、「あと半年ほどだろう」と言われたらしい。

Aさんのご実家へは、私もドイツへ行き彼らの自宅でお世話になるたびに、何度も一緒に訪れ、すっかり顔なじみになっている。E氏と一緒にREXの散歩も、何度か楽しんだ。

あるときは、森の中の散歩道を往復2時間以上歩いたものだ。その時のこと、途中で小用を足したかった私は、トイレがなかったので藪の中で小用を済ましていると・・・「ワン!ワン!」とREXが私を迎えに来ている。

「REX、ちょっと待ってくれ~!」と言いながら、そしてその後、彼は私を誘導するかのように、2~3歩、歩いては立ち止まって私の方を振り返り、また2~3歩・・・。そして、元の散歩道へ。本当に賢い犬だ。

その翌年、母を連れて行った時も、REXは私を見るや否や尻尾をブルンブルン振って出迎え、部屋の中へ行くと真っ先に私の所へ来て、後ろ脚で立ちながら私との再会を喜んでくれていた。ほんの数回しか会っていない私のことを、REXはちゃんと覚えていた。そのことがすごく嬉しかった。

そのREXが、もうすぐ彼の人生(犬生)を終えようとしている。無理もない。犬で15歳といえば人間なら90~100歳ぐらい。できることならもう一度、REXに会いたい。でも・・・、無理かなぁ・・・?

できるだけ早く、彼らにメールして、その後のREXの安否を気遣ってあげたい。もしREXにその時が来たら・・・、彼らは必ず知らせてくるだろう。以前にも、彼らが飼っているオウムの1羽が亡くなった時、知らせてくれたのだから。

REX、少しでも長生きしてください。私は、ほんの数回しか会ってはいないけど、ドイツでの旅の大切な想い出の1コマとして、いつまでも忘れることはないから。

|

« ほろ酔い話 | トップページ | オーロラ紀行 その10 »

コメント

可愛い犬ですね
私も過去に飼ってたことありますよ
やっぱり死のお迎えにきた時はったですsweat01


小春さんへ

ほんの数回しか会っていないのに、私のことを覚えていてくれて、とても頭のいいシェパードです。人懐こくて、とても可愛かったですヨ!
我が家でも、かつて犬を飼っていましたので、気持ちが通じたのでしょう。一日でも長く、生きられることを祈るばかりです。

投稿: 小春 | 2008年11月10日 (月) 19時46分

犬も大切な家族の一員ですものね
 
数年前まで捨て犬を2匹飼っていました
2匹とも身勝手な飼い主に捨てられた犬たちで、
私のおうちに引き取られてきたときも
人を見るとまた捨てられると思ったのか、
しばらくは怯えて上目遣いで震えながら人を見ていたのを
今でも覚えています。

おうちに来たときは8歳くらいだったのですが、
その後大切に育て17歳まで生きました。
 
今は天国で2匹仲良く遊んでくれていると思ってます。
 
REXちゃんも頑張って長生きしてくれるといいですね。


すももさんへ

捨て犬を二匹、すももさんの優しさが伝わるお話ですネ!
先日、すももさんのブログのコメントに書きましたが、我が家では、かつて飼っていた犬だけでなく、インコの遺影も飾り、天国でお腹を空かさないように、ご飯と水、パンやフルーツなどを毎朝欠かさずお供えしています。
 

投稿: すもも | 2008年11月12日 (水) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ほろ酔い話 | トップページ | オーロラ紀行 その10 »