« オーロラ紀行 その6 | トップページ | Dschinghis Khan »

2008年11月 2日 (日)

オーロラ紀行 その7

 15:00すぎ、やや小腹がすいて駅前のフォルムデパート地下のファーストフード店で、フライドチキンとフライドポテト(4.5ユーロ)を食べる。なかなかおいしくて、おやつにちょうどいい。

その後再び、ストックマンデパートへ行き、地下の食料品売り場で、今夜の夜行列車での夕食の買い出し。フライドライスと焼きそばのようなもの、サラダを量り売りで買いお弁当にする。5.74ユーロと安上がりで済んだ。

17:15、ホテルへ荷物を取りに戻る。しばらくホテルのロビーで休憩し、17:45、駅へと向かう。駅へはフォルムデパートの中を通って行った方が近道で、10分ぐらい。それに寒くないし。

駅でミネラルウォーター(2ユーロ)を買う。列車を待ちながら煙草を吸っていると、妙なおっちゃんが近づいて来た。酔っ払っているのか、それとも麻薬のようなものでもやっているのか、そんな感じに見えた。

その男は俺に、「たばこを1本もらえないか?」と言ってきた。俺は苦笑いしながら「しょうがない奴だ」と思い、その男に煙草を1本差し上げた。男はとても恐縮していた。

せっかくなので、列車の写真も何枚か撮っておいた。

024  2階建ての豪華な列車

 どこまで行くのだろう?

やがて19:00。サンタクロース・エクスプレスは入線していた。車載用の貨車が連結されている。客車、寝台車もかなり連結されている。全長でいったい何メートルあるのだろうか?4~500mぐらいありそうだ。

俺は荷物を持ってそちらへ向かうと、先ほどの男が再び近づいて来て、「荷物を運んであげるよ」と声かけてきた。彼は親切で言ってくれたのだろう。表情からもそれは読み取れた。しかし俺は、丁重にお断りした。

指定されている俺の寝台車両は、ずいぶん前の方で、屋根つきのホームを越えてまだ先だ。雪が積もっているホームをひたすら進んで、やっと自分の車両へ。

026  サンタクロース・エクスプレス

 いよいよ北極圏へ。

寝台は3段で洗面台もある。フェイスタオルと小さなミネラルウォーターも備えられている。各部屋は、カードキー使用で防犯対策されている。

19:20、雪の中を静かに、音もなく発車した。本当に静かで、寝心地も悪くなさそう。買いだしておいたお弁当で夕食にする。そして少しお酒を飲み、21:30にはベッドで横になった。

サンタクロース・エクスプレスにて、車中泊

|

« オーロラ紀行 その6 | トップページ | Dschinghis Khan »

コメント

慕辺未行さん

おはようございますsun

私もフライドチキンとフライドポテト大好きですよーhappy01


サンタクロース・エクスプレスかっこいいですね

小怪獣が喜びそうです


実際に観たらもっとカッコイイのかな?


今日は、ラスト3連休み

お弁当作って出かけてきますdashhappy02


小春さんへ

こんばんは!
お弁当作って、どちらへお出かけされたのですか?
私は、しがない独身中年ですので、のんびりしていました。
サンタクロース・エクスプレス、なかなか良かったですよ!
帰りにも乗りましたので、その時は車内の写真も載せようかな?

投稿: 小春 | 2008年11月 3日 (月) 07時06分

 ネーミングがいいですね。サンタクロースエクスプレス。メルヘンへの旅立ちですね。
 (・∀・)ニヤニヤ。寝台車昔神戸まで一度乗ったことがありました。車輪の音を聞きながら眠ると、旅の気分満点でした。
 突然気づいてface というのを触ったので意味不明の顔が入りました。なぜニヤニヤなのかは追及しないでください。せっかくだからそのままにしておきますので。


hannaさんへ
フィンランドには他にも、オーロラ・エクスプレスと言う寝台列車もあるそうです。名前からして、乗りたくなりますよネ!
夜ですので、風景が見られないのは残念でしたが、久しぶりに乗った寝台列車、サイコーでした!

投稿: hanna | 2008年11月 3日 (月) 20時39分

海外の寝台列車はすごく豪華なのね。
 
それに乗ってリッチな気分で旅行でも行きたいなぁ。。confident


すももさんへ

最近は日本も豪華な寝台列車があるようですが、料金が…。
そういえば、たとえ3人部屋とはいえ、完全に個室でした。今思えば、こんな寝台列車に乗ったのは、初めてだ!料金だって、そんなに高くはなかったし。
気づかせてくれて、ありがとう。

 

投稿: すもも | 2008年11月 6日 (木) 23時55分

慕辺未行さん
 おはようございます(^^♪゜
何処の国でも「煙草を一本・・」は有るのですね。
愛煙家に以前聞きましたが、煙草を一本・・は
言い易いそうですね。
でもこの男性は恐縮されたとの事で、許せます。
 二階建の豪華な列車拝見しました。
夢を載せる豪華列車のイメージですね
乗ってみたいですが言葉の壁は厚いですね。
慕辺未行さんの乗られた”サンタクロース・エクスプレス”の写真には大きい雪が写っていますね。
寒そうcoldsweats02
雪の中を静かに音も無く発車。
独り静かな日本男性、ロマンですねconfident


コスモスさんへ

タバコを1本のおっちゃんは、駅構内を所在なげにウロウロしていたと記憶しています。何となく”不審者”ぽかったような・・・?それでも恥ずかしげに、はにかみながら話していたので、こちらもやや笑いながら差し上げました。
近年、国内ではマイカーばかりで旅していますから、鉄道を見るとつい若かりし頃の旅を思い出し、鉄道写真を撮ったりしてしまいます。
サンタクロース・エクスプレス、名前を聞いただけでも「乗ってみたい!」と思いませんか?発車の際、日本と違いベルが鳴ったりアナウンスもないので、気づいたら動いていた、という感じです。しかも雪が降っていましたから、音が雪にかき消されたのでしょうか、本当に静かに発車しました。
この続きは、いよいよ北極圏です (^_^)/!

投稿: コスモス | 2011年3月22日 (火) 06時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オーロラ紀行 その6 | トップページ | Dschinghis Khan »