« Liebe Freundinnen | トップページ | 慕辺未行ブログの歩き方は・・・ »

2008年10月25日 (土)

オーロラ紀行 その3

2月22日(日)くもり ヘルシンキ1日滞在

 7:30起床、朝シャンする。寝ボケ眼(まなこ)の顔や、寝ぐせのついたヘアスタイルで朝食をとりに行くのは、恥ずかしいからなぁ!身だしなみぐらい、きちんとしなければ!

8:15、朝食にする。バイキングになっていて、パンやフルーツ、ハム、チーズ、卵などを食べる。ドリンクはコーヒーか紅茶、ミルク。ジュースはグレープフルーツやオレンジなど。ヨーロッパは、どこへ行ってもこんな感じの朝食なのかな?むしろ俺にはありがたいが。

9:00過ぎに朝食を終え、部屋へ戻り洗濯物の後片づけ、荷物の整理をし、10:00ごろ街へ出かける。

まず初めに駅へ向かった。そこで、北極圏の街ロヴァニエミ行きの列車の時刻表を手に入れる。ロヴァニエミまで直通で行く列車は、昼間は1本のみ、夜行が3本。ならば明日の夜の列車で出発しよう。

しかし、もしかしたらオーロラ観測を含む面白そうなツアーがあるかもしれない。ツーリスト・インフォメーションでそれらを確認してから決めよう。

001  ヘルシンキ駅隣のバスターミナル

002  駅前を走るトラム(市電)

                                                                                                    

003  ヘルシンキ中央駅

駅を出て、この付近の写真を撮る。歴史の重みを感じさせられる建築物が多い。地図を見ながら、ヘルシンキ大聖堂、元老院広場、そしてツーリスト・インフォメーションへ。

004  ヘルシンキ大聖堂

006  元老院広場

ツーリスト・インフォメーションには日本語のパンフレットもあった。ここでオーロラツアーのことを尋ねると、日帰りまたは1泊で往復飛行機利用で4~500ユーロもする上に、オーロラ観測と言うよりは犬ぞりやイグルー体験といった内容だ。それならば、個人で行く方が良さそうだ。オーロラを目的として来ているのだから。

|

« Liebe Freundinnen | トップページ | 慕辺未行ブログの歩き方は・・・ »

コメント

ヨーロッパの駅や広場はみな似た雰囲気がありますね。フィンランドは民族的にはフィン族ですから違うところもあるのでしょうが。私が知っているのは独特の民話を持っていることで、読んだことがあります。
さてこれからが楽しみです。


hannaさんへ

街の中の建物は、歴史を感じさせるものが多かったです。さすが「バルト海の乙女」と言われるだけの街です。民話と言うと、「北欧神話」かな?
「巨人イミールの大逆襲」とかいう話、あったような・・・?


投稿: hanna | 2008年10月26日 (日) 19時46分

写真を見ているだけでも楽しいです。
 
歴史を感じさせる建物が多いのね。
レトロな感じ好きです。。
 
ヘルシンキ大聖堂はお城みたい。。(*^^*)


すももさんへ

いたるところに、歴史を感じさせる建物がありました。
そのような建物に、控え目な感じで、マクドナルドがあったりします。
大聖堂の写真、この日は曇ってましたので、今一つ。
でも、帰国前に撮った写真は、自信作の一つです。
その写真はまた、その時に載せますので!

投稿: すもも | 2008年10月29日 (水) 23時02分

慕辺未行さん
 おはようございます(^^♪
↓のコメントですが、私の方向音痴の事、少々オーバーに書いてしまいました。
 特に旅先での朝の身だしなみには気を遣いますね。
 私は朝のバイキングは和食を好んで戴きます。
 日常がパン食なので。
貼り付けられたお写真、クリックして拝見しました。歴史を感じさせる重みが有って、重厚でありながら、スマートさも感じられる建物ですね。
レトロな建物に弱いです。
私は日本の家屋しかあまり知らなくて
やはり少しだけでも異文化に触れた思いがします。
 「オーロラ」の言葉が出てきましたね。
わくわくドキドキです。
 

コスモスさんへ

日本の旅館やホテルですと、部屋食でなくても浴衣のままホテル内のレストランで朝食をいただく人がたくさんいるでしょうが、ヨーロッパでパジャマのままでホテル内を歩く人はまず見かけません。ホテルの部屋を出た途端、たとえ廊下であってもそこは、他人同士が行き交う公の場所、服装はもちろん身だしなみも、外出時と同じようにしなければ、恥ずかしいです。面倒かもしれませんが、これも一つのマナーです。『郷に入れば郷に従え』です。
ただ、もし仮に日本から浴衣を持参し、その浴衣を着てホテル内を歩くことは、私は一つの日本文化の紹介として、『あり』だと思います。むしろ、その姿に喜ばれると思います。
ヘルシンキの街の建物は、どれも歴史を感じさせるような素敵な建物が多かったです。その上、あちこちにブロンズ像があり、街全体が美術館のような感じです。ただ、季節柄ずいぶん寒くて、つい暖房の効いた建物の中へ逃げたくなりました。

投稿: コスモス | 2011年3月17日 (木) 08時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Liebe Freundinnen | トップページ | 慕辺未行ブログの歩き方は・・・ »