トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金)

♪ 我が敵は

我にあり

我この道を進む

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

小さな夢が重なって

喜び分かち合う ♪

NHKのMJを見ていました。

「羞恥心」のこの歌、いいなぁ!

私も、これまでのスタイルを変えずに、多くの友達と交流していきたいと思う。

少しでも、自分に驕ることがあれば、たちまち友達を失いそう。

自分にとっての敵は、自分の心の中に潜んでいるのかもしれない。

その敵に負けないように、みんなと出会えた喜びを、

いつまでも分かち合いたい!

| | コメント (3)

2008年10月30日 (木)

嬉しいことが

 続きました。 o(*^▽^*)o

何がって・・・、

フリメのメル友さんができたでしょ。

泣いていた人に笑顔が戻ったでしょ。

ご病気で入院されてた人が退院したでしょ。

ほかにも、新たな職場で新しい一歩を踏み出した人。

このココログで、新しい友達もできましたし。

前のサイトにいた時から、引き続き読んでくれている人だって。

ホント、みんなに感謝! (._.)アリガト

そして、良かったネ! ヽ(´▽`)/

 Photo_2  

 可愛らしい画像でしょ?

この画像は、前のサイトのフレンドさんからいただきました。

皆さんにもぜひ、おすそわけします。

でも、プレゼントしてくれたご本人は・・・、

私のブログ、読んでいるのかな?

彼女なら、絶対にコメントしてくれるはず・・・、

なのに・・・、まだ一度も・・・、心配・・・。

いいことが続いている中で、それだけが唯一の気がかり。

(´・ω・`)ショボーン

明日一日頑張れば、3連休!

みんなもそうなのかな?お仕事の人もいるかな?

とりあえず、明日も頑張っていきましょう!

| | コメント (2)

2008年10月29日 (水)

この秋一番の

寒い朝でしたネ!

北国では、もう雪が降ったそうで。

中部地方でも、乗鞍で初冠雪!

秋から冬へ急ぎ足で進んでいるようです。

周りには、風邪をひいている人もいるし、気をつけなければ。

慌ただしい季節になってくるけど、自分を見失わないようにしなければ。

「思いやりの精神」忘れずに!

ご訪問して下さった方、アリガトウ!

これからも誠心誠意をもって、お付き合いして下さい。

よろしくお願い致します。

| | コメント (3)

2008年10月28日 (火)

オーロラ紀行 その5

 市街地へ戻って再び駅へ。

明日の夜のロヴァニエミ行きの「サンタクロース・エクスプレス」、19:20発の夜行寝台列車を予約(77ユーロ)し、KIOSKI(KIOSKではない)でコーラ(2.2ユーロ)とミネラルウォーター(2ユーロ)を買う。

16:00ごろ、ホテルへと戻る。

019

 宿泊したホテル。

 「ソコス・ホテル・トルニ」

 トルニとは、「塔」という意味。

020  歴史を感じさせる、

 素敵なホテルだ。

ホテルへ戻って、冷えた体をサウナで温めようと思ったのだが、この日はあいにく、閉まっているとのこと。せっかく「サウナの国、フィンランド」へ来たのに…、残念。

仕方がないので、しばらく部屋でのんびり過ごす。

18:30ごろ、ホテル内のレストランで夕食を、と思ったが、入口にあるメニューを見て、あまりの高さに外へ出かけることにした。

あちこちのレストラン(入口付近にたいていメニューがある)を見て回るが、コース料理はもちろん、単品ずつ注文してもドリンクを含め、20ユーロ以上(3000円ほど)はしそう・・・。

中華料理店を見つけた。久しぶりに麺類が食べたくなって、そこへ入ることにする。

焼きそばのようなものと、揚げ餃子風のもの、ジャスミンティーを注文し、17.8ユーロ。これでも、2400円ぐらいする。う~ん、北欧の旅は高くつく。でも、料理はとても美味しかった。

20:00ごろ、レストランを出ると、雪が降っていた。

ホテルへと戻り、しばらく休憩した後、洗濯にシャワー。もう21:30だ。

ヘルシンキ、ソコス・ホテル・トルニにて

| | コメント (3)

2008年10月27日 (月)

秋晴れ、小春日和

の1日でした。

こんな日は、仕事なんかより、気持ちよくドライブでもしたかったなぁ!

でも、心の中はどんよりとしていました。

顔の見えないネット社会の中で、どこまで人を信用し、友達になれるのかな?

あまりにも常識のない人が多すぎる気がする。直接知っているわけではないからと言って、何を言っても、何をしてもいい、そんな身勝手な輩が多すぎる。

平気で人を誹謗中傷し、平気でひどい罵声を浴びせ、平気で人のプライバシーを侵害し、平気で人を呼び捨てにする、非常識で礼儀知らずの人間たち。そんな輩が周りにいたら、縁を切るべきです。

それで、傷つき、涙を流している人だっているのだから。

私は、たとえネット上での交流であっても、その人と知り合い、関わった以上、真剣に誠意を持ってお付き合いしていきます。当たり前のことです。一人の人間、一人の大人として、良識ある対応をします。

私の場合、ネット上でのお友達は、まだ数えるほどしかいません。だから、すべての人が私にとって、とても大切な存在です。でも、すぐに私を信用して下さい、とは言えないのがネット社会。誠心誠意を尽くしてお付き合いさせていただきたいと思っています。別に何も難しくはありません。いつも通りの自分でいれば、皆さんとそのようなお付き合いができるはずですので。

あなたたちが泣いていると、私も悲しい。

あなたたちが笑っていると、私も楽しい。

あなたたちが喜んでいると、私も嬉しい。

あなたたちが怒っていると、私も空しい。

今はまだ、皆さんにとって私は、ちっぽけな存在、大勢の中のほんの一人にすぎないかもしれません。でもいつか、かけがえのない存在、親友と呼んでいただけるような友達になりたい、それが私の夢であり希望でもあります。

何十人、何百人もいりません。ほんの数人でも私を、数少ない親友の1人と認めていただけるだけで十分です。

これからもどうぞ、よろしくお願い致します。

| | コメント (3)

2008年10月26日 (日)

オーロラ紀行 その4

 ツーリスト・インフォメーションより港にあるマーケット広場へ。

港は凍っている。港から船でスオメンリンナ島(要塞)へ渡ることにする。

船の切符は自動券売機で買うのだが、英語での案内表示がない。切符の買い方が分からない・・・。他の観光客が買っているところを観察し、自分も買うことができた。片道2ユーロだ。

009  スオメンリンナへ向かう船。

 凍結している港へ入港。

12:00発の船に乗り、片道15分。小さな船だが、凍結している海をガリガリと氷を割りながら進む。

島に到着し、事前にツーリスト・インフォメーションで手に入れたパンフレットを片手に、島を散策する。

この島はかつて、ロシアと壮絶な戦いが行われた歴史を持つ島で、ユネスコ世界遺産にも登録されている。

船着き場より教会、ビジターセンターへ。そしてキングスゲートへと向かう。島は頑丈な要塞で守られており、海に向かっていくつもの大砲が、今も昔と変わらぬまま残されている。戦禍の跡が、今も生々しく残っている。

011  島にある教会。

 庭では雪で山を作り、子供たちがそりで遊んでいた。

 平和の時代に生まれたことに感謝!

015  海に向かう大砲。

016  キングスゲート。

 要塞の一部。

018  要塞内部の通路。

 島を守る兵士たちの部屋もありました。

 

このような壮絶な歴史を持つ島も、昨今ではヘルシンキ市民の憩いの場所となっている。

再度ビジターセンターへ立ち寄る。何しろ寒くて、建物の中で少しは体を暖めないと。そして船着き場へと戻る。

次の船が出るまでの間、コーヒーブレイク。そして15:00の船で港へと戻る。

| | コメント (4)

慕辺未行ブログの歩き方は・・・

カテゴリーが2つに別れています。

1つは「旅行・地域」、もう1つは「日記・コラム・つぶやき」です。

ですから「旅行・地域」をクリックすると、「オーロラ紀行」だけ表示されます。古いものから順を追って公開していますので、一緒にバーチャル旅行、楽しんで下さい。

「オーロラ紀行」以外のものは、今のところすべて「日記・コラム・つぶやき」に入れています。2つに分けて読むと、「1つのブログで2度おいしい!?」ブログになっています。

そういえば、前に登録していたサイトを辞めてから、早いもので、もう1週間たちました。何人かの人たちはコメントを残して下さっているので、読んで下さっていることがわかるのですが・・・。

仕方がないですよネ。あのサイトを辞めた以上、そこで知り合った友達のログ、読むことができないし、コメントやメールもできないのだから!

いい年した大人の男が、わがまま言ってはいけませんよネ!でも内心は「メル友さんが欲しいナァ!誰かメアド書いてコメントしてくれないかなぁ!」と願っている慕辺未行です。

「慕辺未行」の読み方、これで「ボヘミアン」と読んで下さい。しゃれた当て字でしょ?我ながら、とても気に入っていたんです。

あ~ぁ、最後は結局、愚痴になってしまいました。こんな一面もありますので・・・、皆さんどうか末長く、仲良くしてください。お願いします。

それでは、またネ!

| | コメント (3)

2008年10月25日 (土)

オーロラ紀行 その3

2月22日(日)くもり ヘルシンキ1日滞在

 7:30起床、朝シャンする。寝ボケ眼(まなこ)の顔や、寝ぐせのついたヘアスタイルで朝食をとりに行くのは、恥ずかしいからなぁ!身だしなみぐらい、きちんとしなければ!

8:15、朝食にする。バイキングになっていて、パンやフルーツ、ハム、チーズ、卵などを食べる。ドリンクはコーヒーか紅茶、ミルク。ジュースはグレープフルーツやオレンジなど。ヨーロッパは、どこへ行ってもこんな感じの朝食なのかな?むしろ俺にはありがたいが。

9:00過ぎに朝食を終え、部屋へ戻り洗濯物の後片づけ、荷物の整理をし、10:00ごろ街へ出かける。

まず初めに駅へ向かった。そこで、北極圏の街ロヴァニエミ行きの列車の時刻表を手に入れる。ロヴァニエミまで直通で行く列車は、昼間は1本のみ、夜行が3本。ならば明日の夜の列車で出発しよう。

しかし、もしかしたらオーロラ観測を含む面白そうなツアーがあるかもしれない。ツーリスト・インフォメーションでそれらを確認してから決めよう。

001  ヘルシンキ駅隣のバスターミナル

002  駅前を走るトラム(市電)

                                                                                                    

003  ヘルシンキ中央駅

駅を出て、この付近の写真を撮る。歴史の重みを感じさせられる建築物が多い。地図を見ながら、ヘルシンキ大聖堂、元老院広場、そしてツーリスト・インフォメーションへ。

004  ヘルシンキ大聖堂

006  元老院広場

ツーリスト・インフォメーションには日本語のパンフレットもあった。ここでオーロラツアーのことを尋ねると、日帰りまたは1泊で往復飛行機利用で4~500ユーロもする上に、オーロラ観測と言うよりは犬ぞりやイグルー体験といった内容だ。それならば、個人で行く方が良さそうだ。オーロラを目的として来ているのだから。

| | コメント (3)

2008年10月23日 (木)

Liebe Freundinnen

親愛なる女性友達へ

私のこのブログ、どんな人たちに読んでいただいているのかな?

アクセス数を見てみたら、1日平均6~7人。そのうち4人は、コメントも頂いているので誰だかわかるのですが、他は・・・?

たぶん、以前ブログを書いていたサイトのお友達(女性)だと思うのですが・・・。

読んで下さっている証に、また元気だという証に、一言だけでもコメントいただけたら、嬉しいナ!毎日とは言わないから。たまに、でいいから。

コメントするのは苦手、という方もいらっしゃるでしょうが、思い切って殻を破ってみて下さい。お名前(ハンドルネーム)と、コメントだけでいいから。

もちろん、男性からのコメントも受け付けています。旅に関心のある方、大歓迎です。

そして、いつもいつもコメントしていただいている方々、本当にありがとうございます。

まだ始まったばかりですが、これからも末長くよろしくお願い致します。

サイドバーの「お友達サイト」のブログへも、ぜひ遊びに行ってみて下さい。

最後に、こんな画像はいかがですか。

Photo_2  素敵な秋の散歩道です。

 こんな所を散歩する気分で、私のブログのんびりと遊びに来てください。

ちなみに、この画像は、以前いたサイトのフレンドさんが、辞めるほんの10分ほど前に、私の新しいブログのために、プレゼントしてくださいました。他にもたくさんいただきました。心から感謝しています。喜んで使わせていただきました。

| | コメント (3)

2008年10月22日 (水)

オーロラ紀行 その2

 ヘルシンキ中央駅に18:30ごろ到着したものの、右も左も分からない。方角さえもわからない状況だ。
とりあえず、駅構内に入り、ガイドブックを広げ地図を確認する。そして地図を片手にホテルへと向かう。

「この道だ」と思った道を行くのだが、しばらくして思ったとおりの道ではないことに気付く。歩道で立ち話をしていた若者3人に、地図を見せながら現在地を尋ねてみた。彼らは初めこそ外国人に突然声かけられ、いぶかしそうな顔をしていたのだが、すぐに地図を見て現在地を教えてくれた。

現在地さえ分かれば、もうこちらのもの。今度こそ間違えないように、ホテルへと向かう。

19:00ごろ、無事ホテルに到着。駅とは目と鼻の先の距離なのに、実に30分近くもかかってしまった。フロントへ行くと、先に名前を言われてしまった。もうそろそろ来るかと思っていたのか、それとも日本人だから分かったのか、いずれにしてもスムーズにチェックインすることができた。

部屋は4階424号室。とても素敵な部屋だ。アメニティも整っている。「地球の歩き方」には、このホテルは高級ホテルとして紹介されている。ウィークディは218ユーロ、週末になるとうんと安く、88ユーロとなっている。ということは、85ユーロで泊まる俺はさらにお得、というわけだ。シーズンオフだから安かったのかもしれない。

このホテルは1930年開業という、長い伝統を持つ、ヘルシンキでも屈指の老舗ホテルらしい。確かに、エレベーターを見ると、その歴史の古さを感じさせられる。

021

  ←ホテルのエレベーター

俺は再びフロントへ行き、明日も泊まりたい旨を告げる。幸い部屋は空いていたようで、明日の料金は83ユーロとのことだ。紹介料の分だけ、安くなったらしい。

部屋へ戻り、洗濯とシャワー。いくら寒い北欧の街とはいえ、2泊すれば洗濯物も乾くだろう。暖房だって効いているし。

20:00ごろ、今朝 T 夫妻宅を出発する前に A さんからいただいたランチがそのまま夕食となった。彼女は「途中でもしお腹がすいたら・・・」と、気を利かしてくれたのだろう。しかし、飛行機の中では軽めの機内食もあったし、結局ここまで持ってきてしまった。一食分、食事代が浮いたことになる。それに俺の大好物のリーバーヴルストを塗ったオープンサンドもあったし。とてもおいしかった。

その後は、ポータブルCDプレーヤーでドイツで買ったCD、彼らからお土産にいただいたカーニバルのダンスミュージックのCDを聴きながら、日記を書いていた。

ヘルシンキ、ソコス・ホテル・トルニにて

| | コメント (5)

オーロラ紀行 その1

2月21日(土)晴れ
フランクフルト13:40(LH3102)17:10ヘルシンキ (ドイツとの時差+1時間)

 ドイツの友人宅で、家族の一員のように過ごし、いよいよフィンランドへと向かう。

フランクフルト国際空港まで、E 氏、A さんの T 夫妻に彼らの愛車、アウディ・クアトロTTで送ってもらう。
E は、アウトバーンを飛ばしに飛ばす。180Kmの道程をわずか1時間半ほどで走ってしまった。その分、空港でゆっくりと別れを惜しんだのだが・・・。

ドイツとフィンランドは、ともにEU加盟国なのでここでの出国審査はもちろん、フィンランドでの入国審査もない。だからパスポートには、ドイツ入国の記録しか残らない。

ヘルシンキまでは、2時間半。あっという間だ。ヘルシンキ・バンター国際空港に降り立ち、先ずツーリスト・インフォメーションへ。この日のホテルの紹介と予約をお願いする。

ヘルシンキ中央駅近くの「ソコス・ホテル・トルニ」に決まった。紹介料を含め85ユーロ、1万円以上する。街への行き方、ホテルの場所も尋ねておく。街へは、空港前のバスターミナル1B乗り場より615番のバスで、ヘルシンキ中央駅が終点だ。

「地球の歩き方」によると、フィンエアーのバスもあるらしいのだが、そちらは4.9ユーロ。一方、路線バスは3ユーロ。より安い方を教えてくれたようだ。

17:50ごろのバスに乗る。料金は乗車時に払う仕組みになっている。バスは、どっぷりと陽が暮れた街の中を走って行く。道路には雪が積もっている。さすが北欧だと感じる。

40分ほどでバスはヘルシンキ中央駅に到着した。

| | コメント (2)

午前様に

なりました・・・。 Σ( ̄ロ ̄lll)

「熱血サラリーマン」なんて、オイラ嫌いだぁー!

プライベートが充実すればこそ、仕事もはかどるのに・・・。

かといって、自分の仕事を放り出すわけにはいかない・・・。

いつになったら「オーロラ紀行」書き始まるんだろ??? (ρ_;)

| | コメント (1)

2008年10月20日 (月)

「オーロラ紀行」

書き始めるまえに、前置きを・・・。

この旅は、2004年2月から3月にかけて、強引に3週間もの休暇を取り、

出かけた時の話です。

フィンランドへ行く前に、1週間ほど、ドイツの友人宅(「エヴェレスト街道を行く」で知り合ったT夫妻)にホームスティし、カーニバル(謝肉祭)も楽しみました。

ドイツでの話は、今回は書かずに、フィンランド・ヘルシンキに到着したところから、旅日記を書き綴っていきます。

写真なども、随時載せていきますので、どうぞ楽しみにして下さい。

読んで下さる方、コメントが増えるといいナァ!

Photo_2  オーロラの絵葉書です。

 読みに来てくださった方への、

 私からの、ほんのささやかな

 プレゼントです。

| | コメント (5)

2008年10月18日 (土)

左サイドバーに

「お友達サイト」というのがあります。

ワンクリックで、そちらのサイトへジャンプ !  

_/\○_   ε=\_○ノ イヤッホーゥ!

ぜひぜひ、そちらへもお立ち寄りください。 (=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

「エヴェレスト街道を行く」は、間もなく完結しますが、

かといって、削除はしませんので。

最後は、エヴェレストの写真も掲載します。

楽しみにしていてください。

そちらへのご訪問、多数お待ちしています。 m(u_u)m オネガイシマス

てなわけで、慕辺未行から、ブログの宣伝でした。

| | コメント (3)

なかなか・・・

旅日記が始まりません。

「タイトルと内容が違うじゃないか!」 (#゚Д゚)y-~~イライラ

って、怒られそうですが・・・

もうしばらく、お待ち下され。 (*v.v)。

別サイトに掲載中の「エヴェレスト街道を行く」を、完結させなければ!

あと1~2話で終わると思いますので。

それから、このブログにいただいた皆さまからのコメントに、

お返事を書きました。

コメントしていただいた方、お手数ですがコメントをクリックして、

読んでいただけると幸いです。

そしてもう1つ。ブログは普通、新しいものが最初に載っていますが、

私のこのブログは、古いものから掲載しています。

理由は、「旅日記」になりますので。

更新したものから順に読むと、話の流れが逆になってしまいます。

本を読むとき、後ろから読む人っていないでしょ?

それと同じです。順を追って読めるように、古いものから表示していますので、

ご理解して下さい。

たくさんの人に読んでいただき、コメントしていただけたら、

こんな光栄なことはありません。

どんどん遊びに来て、遠慮なくコメントしていってください。

次回あたりは、旅日記書き始めなければ・・・! (*´ェ`*)

| | コメント (4)

2008年10月15日 (水)

ありゃりゃ・・・

真夜中に目が覚めてしまいました・・・

今に始まったことじゃないけどなぁ・・・

古い旅日記、古いものから書こうかな?って思ってたけど・・・

何やら「オーロラ紀行」を楽しみにしている人がいるようで・・・

これからの季節がら、冬に向かいますし、

サンタクロース村へも行ってますし・・・

今から書き始めると、クリスマスの頃、

ちょうどサンタクロース村の話になるかな・・・?

| | コメント (5)

2008年10月12日 (日)

はじめまして

慕辺未行と申します。 (=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

アルバムとともに本棚に眠っている古い旅日記、

思い出とともに公開していきます。

1984年の「初めての海外へ インド・ネパール」に始まり、

ヒマラヤ・トレッキング、ドイツ・スイス、フィンランド・オーロラ紀行など、

時には写真とともに、書き綴りたいと思います。

よろしければ、このブログとともに、バーチャル旅行、

楽しんでみませんか?

| | コメント (9)

トップページ | 2008年11月 »