2018年5月 6日 (日)

松坂投手、復活勝利に感動!

皆様、おはこんにちばんは!

今年も早や4ヶ月が過ぎもう5月。いかがお過ごしでしょうか?

プロ野球が開幕して1ヶ月。名古屋生まれ・名古屋育ちの私は子供のころから”中日ドラゴンズ”ファンです。小・中学生のころは当時の中日球場(現:ナゴヤ球場)へ何度も足を運んだものでした。1974年の優勝を決めた試合も見に行っていました。

その後は強かったり弱かったり・・・のチームでしたが、落合監督時代は8年間で4度のリーグ優勝と1度の日本一!あの頃はTVで野球中継を見るのが楽しみでした。しかし、落合監督解任後は低迷。ここ数年はBクラスに甘んじ応援熱はすっかり萎んでしまいました。
今年も戦力的には「Bクラスは否めないなぁ!」と落胆していましたが、チーム成績とは別に楽しみができました。それは・・・

あの”平成の怪物”こと、松坂投手がテストを経て入団しました。私は「戦力になるのか?」と思いつつも「将来性が高い若い投手が多い中、松坂投手の入団は彼らにとって大いにプラスになる」と思いました。何しろコーチよりも実績・経験共に豊富な元メジャーリーガーですから。

2月のキャンプ、3月のオープン戦、報道を見る限りでは肩の様子を見ながら決して無理することなく順調に調整してきたようでしたが、オープン戦の結果を見る限り、野球ファンとしては不安が残る内容でした。しかしそれは杞憂でした。

公式戦が始まり、そしてついに松坂投手が4月5日ナゴヤドームで先発のマウンドに立ちました。相手はジャイアンツ。このゲームは試合開始と同時にTV中継があり、私は松坂投手がどんなピッチングをするのか興味津々で見ていました。結果は5回を投げ3失点(自責点は2)。しかし野手が緊張していたのか、まずい守備がいくつかあったので私としては5回を失点なしで抑えられた内容に映りました。Yahooニュースの記事にも「今日の松坂投手のピッチングを見た限り、肩の故障が再発しなければ十分に戦力になります。日本復帰後初勝利はそう遠くはないでしょう。」と書き込みました。

そして2度目の登板、7回2失点(自責点1)で粘りと気迫のピッチングを見せたものの、味方の援護なく、またも敗戦投手に。しかしこの日、私は確信しました。「次は絶対勝てる!」と。あの気迫あふれるピッチング、それを見殺しにした打者陣の奮起を期待して!

4月30日、松坂投手は3度目の先発マウンドに立ちました。相手は今シーズン5戦5敗のDeNAベイスターズ。チームも4連敗中で連敗ストッパーにと期待がかかります。が、コントロールが定まらず再三フォアボールでランナーを出し毎回ピンチの連続。それでも要所は締めて得点を与えません。味方打線はこの日は初回に爆発し3点を先行し松坂投手の勝利に期待が高まります。しかし5回に満塁から押し出しのフォアボールを与え1点を失います。それでも失点はこの1点だけに抑え6回まで投げ切り後はリリーフ投手に託しました。

ドラゴンズは初回の3点だけで3-1のまま逃げ切り、ついに松坂投手に勝利がつきました \(^o^)/バンザーイ! オメデトウ!
勝利の瞬間、満面の笑みで喜ぶ松坂投手!とても印象的でした。ヒーローインタビューを聞いて驚いたのは、押し出しで与えた1点、あれは「打たれて2~3点取られるなら、押し出しで1点やってもいい」と、計算ずくのことだったこと。しかしそれは次の打者を抑えられるかどうか・・・?なのですが、更に驚いたことに、次打者を「1球で仕留める」つもりで投げたチェンジアップで目論見通りに1球でファーストゴロに打ち取りました。
いやはや・・・こんなピッチャーが他にいますか?!若いピッチャーに「真似をしろ」と言っても無理でしょう!?

入団前は賛否両論あり、入団後は”客寄せパンダ”と揶揄されたりしていましたが、それらの言葉を吹き飛ばすほどのピッチング内容です。「”平成の怪物”完全復活!」と言ってもいいかもしれませんね。
松坂投手。、本当におめでとうございます。今後も益々の活躍を期待しています。

0430_1

松坂投手。写真はネットからお借りしました。

*もっと早くこのブログを公開したかったのですが、皆様に伝えたい思いや印象が数々あって記事が長くなり、ブログアップが遅くなりました。

| | コメント (6)

2018年4月 8日 (日)

もう4月・・でしたね..

皆様、おはこんにちばんは (◎´∀`)ノ!

気がつけば・・・今さらながら、昨年末に書いて以来今年初ブログです (^-^;!

姉と2週間交代とはいえ、このところ便失禁が止まらない母の介護に心身ともに疲弊しています。先日もこんなことがありました。

デーサービスの方が迎えに来た時トイレに入っていたのですが、ドアを閉めていても臭ってくる・・・デーサービスのスタッフの方がトイレを開けて様子を見ると・・・「ワッ!これは最大級(に大変)だ・・・」と。ウエットティッシュを渡し、ゴミ袋を用意する私。
そしてスタッフの方は、母を浴室へと誘導したのですが、どうやら便失禁が止まらずトイレ内はもちろん、穿いていたズボン、母の足も便にまみれていたのでスタッフがシャワーで洗うのですが便失禁が止まらない・・・。ある程度止まったところで下半身を拭き新しいリハビリパンツとパッド・ズボンを穿かせデーサービスへ。
さて、私はトイレの床や壁・便器、浴室の床を見て溜息しか出なかった。母の便を拭きとり、洗剤を使って床を拭く。便座はウエットティッシュできれいに拭き、便器もトイレ用洗剤であちこち拭きまくる。べっとりと便(軟便)が付着したズボンは、浴室でシャワーで流し、浴室の床の軟便もシャワーで流す。そして洗剤を使って床をゴシゴシ。ズボンは即洗濯。
正直言って心の中では号泣していました。こんな後始末をしなければならない自分が悔しくて!情けなくて!
しかしデーサービスのスタッフの方々は週3回、こんな母のトイレ介助や入浴介助をしているのですよね。全く頭が下がります。

こんな落ち込んだ気分を少しは癒そうと先日、スーパーへの買い物途中、公園のお花を見てきました。冬の間は寂しげだったのですが、春らしくいろんなお花が目を楽しませてくれました lovely

Dscn1084
”赤ちゃんの青い瞳”と言われるネモフィラ。

Dscn1086
甘い香りを漂わせるムスカリ。

Dscn1088
シャガも咲いていました。

Dscn1102
もちろん、チューリップも咲いていましたヨ (^_^)ニコッ!

Dscn1104
可愛らしいスノーフレークもたくさん w(^o^)w!左上に見えている木は・・・

Dscn1105

ハナミズキです。桜(ソメイヨシノ)はもう葉桜になってしまって・・・

Dscn1108
けれど、八重桜が満開でした happy01

マイカーを手放してしまいましたので、ごくごく近場しか出かけられませんが、こんな光景を目にするだけでホッ!と癒されます。

| | コメント (10)

2017年12月31日 (日)

今年もお世話になりました

皆様、おはこんにちばんは!

気がつけば、今年ももう大晦日!
母のことで日々ストレスがたまり、「もうこれ以上は無理!」と思うほど、
母の介護に限界を感じています。
直接手を上げることは決してしないですが、「言葉の暴力」が止まりません。

一日も早く特養に入所でき、この介護ストレスから解放されたいです。
自分自身”鬱”と自覚していても、医者へ行けないほど経済的にも切羽詰まっています。
精神的に本当に疲れました。年齢とともに気力もなくなり・・・
「どう・・なるのかなぁ・・・俺?」と思います。
それでもわずかな希望を持って、新しい年を迎えようと思います。

毎々私のブログを見に来てくださっている皆様、今年も本当にお世話になりました。
「読み逃げ」することが多い私ですが、どうぞこれからもよろしくお願いします。

Dscn1050

来たる年は、私の心に桜が咲いてくれるように・・・m(u_u)mオネガイ!

| | コメント (22)

2017年11月 2日 (木)

母が「要介護3」に (その2)

皆様、おはこんにちばんは (◎´∀`)ノ!

先月、母が「要介護3」になり先週、今後のケアプランを話し合う担当者会議を開きました。
そして先日、ある特養の副施設長さんが来てくださいました。
実はこの方、母が通っているデーサービスの元所長さんで私とも面識があり、ケアマネージャーさんが段取りしてくださいました。

話を伺うと、「いきなり特養に預けるより、まず1泊2日などのショートステイを利用して段階を踏みながら、慣れさせていく・・・ そのほうが本人のために良い。」とのアドバイスをいただきました。
いきなりの入所だと、人によっては認知症の症状が一気に進むこともあるようです。
しかしこれから年末、その方の施設はほとんど空きがないらしく、3ヶ月前から予約できるそうなので来年1月末か2月にショートステイ体験させようかと思います。
もしくは他の特養を探して、体験させるか・・・です。

特養に預けられるほとんどの人は、特養が「終の住処」になってしまうそうです。
私の母も特養に入所することになれば、自宅で過ごすことはなく特養が「終の住処」になるでしょう。
母はもちろん私自身も安心して預けられるような、そんな特養がみつかれば・・・ と思います。

*実はこの日、前の晩から風邪気味で当日も朝食後、風邪薬を服用しました。そのせいか、頭がボーッ!としていて、”聞きたいこと(特養では1日をどのように過ごすのか)、聞いておきたいこと(面会にほとんど行けない家族がいるのか)、聞かねばならないこと(利用料金他こちらで負担するもの)” をことごとく忘れてしまい、何のために来ていただいたのか、後悔するというより自己嫌悪・・・ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

| | コメント (13)

2017年10月28日 (土)

母が「要介護3」に

皆様、おはこんにちばんは ヽ(´▽`)/!

認知症で「要介護2」の母、介護保険の有効期限が今月末で先月、介護認定更新のため認定調査が行われました。
その際、少しアドバイスをいただき月一回通っている主治医とも相談しました。
先日、ケアマネージャーさんから連絡が・・・「要介護3になりました」と。


ちなみに「要介護3」とは・・・

 『要介護3とは中度の介護を必要とする状態です。 これまでは普通にできていた身だしなみや居室の掃除などといったことができなくなる状態です。 また、立ち上がったり歩いたりといったことが自力ではできなくなってしまうのが要介護3の状態です。 日常的な動作である排泄や食事、入浴といったすべてのことに介助が必要となります。 問題行動も目立ってくるでしょう。理解力の低下が見られ、認知症の症状もあります。 「毎日の日課」や自分の生年月日、ついさっきまで何をしていたのかがわからなくなってしまいます。自分の名前まであいまいになってきてしまいます。 物忘れの症状や周りのことに気を配れなくなってきます。 昼夜逆転や暴言、暴力行為、大声や奇声をあげるといった行為、介護拒否の症状などがみられ、家族の手に負えなくなってくることもあります。』
https://www.osumai-soudan.jp/column/column66.html より引用)

正直に言えば今の母は「要介護2以上3未満」のような状態です。
しかし母の介護のために職を辞し、今後の自分の人生を考えた場合、いつまでも「無職」のままでは生きていけません!
そのためには母に特養に入ってもらうしかありません。
今週水曜日、ケアマネージャーさんはじめデーサービスの関係者ら母の介護に携わる『担当者会議』を開きました。
そこで母の今後の介護計画・方針、 特養入所についても話がありました。
母にとっては「追い出される」感覚かもしれませんが、今は母より私自身の今後のほうがもっと切実です。
私自身が安心して仕事ができ普通の日常生活が送れるよう、母の世話をしていただける特養を探したいと思います。

| | コメント (5)

«最近の母