2018年7月16日 (月)

”旅仲間たちの声”(その2)

皆様、おはこんにちばんは ヽ(´▽`)/!

連日、殺人的暑さの中いかがお過ごしでしょうか?一週間ほど前の西日本の大雨による甚大な被害、亡くなられた方々のご冥福を祈るとともに避難生活を送られている皆様に心よりお見舞い申し上げます。

さて、我が青春の旅の寄せ書き帳。続きを書かなければ・・・(^_^;;アセッ!

最初に寄せ書きを残していただいたのは、シドニーからの旅人で倉敷ユースホステルでした。翌日は岩国へ、そして3日目に九州へ入り別府ユースホステルで宿泊しました。
いくつか残されている寄せ書きを読むと、どうやら私はその日のユースホステルのミーティングで罰ゲームをやらされたようです (^_^;;(^_^;;(^_^;;!
そんな中から敢えて一人だけ選んでみました (*^m^)!

”大学4年の卒業旅行で九州に来たのですが、去年の夏は壱岐と大宰府を見てきたのだけど、今春は長崎から阿蘇、国東&神戸へとまわります。とても九州の人たちの情の厚いのに感動しています。道を聞くと、とても丁寧に細かくいろいろおまけつきで教えてくれるし、すごく旅行者にとっては思い出をたくさん残してくれますね。柳川の川下りの船頭さんは昔、石炭がエネルギーの王様のときに佐賀汽船に乗っていたそうで、今は隠居で船頭さんなのだそうです。一番印象深く残っているのは、やっぱり長崎で、長崎の異国情緒もとてもよかったけど、戦後生まれの私にはやはり戦争の恐ろしさを身にしみて感じたところでもありました。一応ミッション系大学なので・・・この旅に幸多きことを祈って・・・アーメン。神さま、このユースに泊まった人々に幸あらんことを”

埼玉県羽生市から来た女子大生からの寄せ書きです。彼女もこの別府ユースホステルで私同様、ミーティングで罰ゲームをやらされたようです。
”髪ふりみだしエビをやりました”と名前のところに書かれていました。

この翌日は、瀬の本高原ユースホステルへ。宿泊者は私を含め3人だけと寂しかったのですが、それでも寄せ書きが一つ残っていました。

”昨日、今日、明日と3日間顔を合わせることになったくされ縁の男です。別府YHでのフナムシは圧カンでした。「フナムシ、フナムシ、フナムシ、バタバタバタ・・・」 今日は瀬の本高原YHで宿泊者は3人。雪の日です。ちなみに僕は法華院温泉まで行ってみたのですが、三俣山の山頂が厚い雪雲におおわれたちまち白く変わって行くのを見ていると、自然の恐ろしさをちらっと感じたものです。(それにしても九州で雪を見るとは思わなかった。)さて明日は晴れるかな? 横浜からの旅行者でした”

横浜からの男性旅行者からの寄せ書きで、前日の別府ユースホステルにも泊まっていた方でした。この寄せ書きから、どうやら私は「フナムシ」を罰ゲームでやらされたようです (^_^;;ハズイ (笑)!

こうして読んで見ると、皆さんとても真面目にメッセージを残してくれたことがよく解かります。もちろん「書くのは苦手」と言う方や「何を書いたらいいの?」と思う方もいたと思います。でも残されたメッセージすべてが、私にとっては貴重な青春時代の思い出です。

| | コメント (5)

2018年7月10日 (火)

”旅仲間たちの声”(その1)

皆様、おはこんにちばんは (◎´∀`)ノ!

近年すっかり月刊ブログか季刊ブログのような「慕辺未行 古い旅日記」です (^-^;;
母の介護が長くなり、さらにマイカーを手放したことで、出かけることもほとんどなく、マイカーを失った後の一番遠い出先が、片道2kmほどの母が通う病院という何とも情けない話です c(>ω<)ゞ

そんなある日、押し入れの中の本棚の奥から、古いノートを見つけました。思わず「懐かしいぃ~!」と声に出してしまいました。それは「旅仲間たちの声」と書かれた3冊のノート。

私は子供のころから旅に憧れを持っていましたが、子供のころは貧しかったので家族旅行なんて全く無縁でした。高校生になり、アルバイトで貯めたお金で京都へ何度か一人で出かけました。目的地はたいてい同じで、梅小路機関車館と大原のほうが多かったです。
高校3年生の時、初めてユースホステルを利用して旅して、旅の楽しさ・面白さ、出会いの素晴らしさを知り、高校卒業し大学生となってからもユースホステルを利用しながら旅したものです。このノートは初めてユースホステルを利用した1980年の翌年、1981年冬の九州への旅から持参するようになり、旅先で出会った人たちに寄せ書きを残してもらいました。
今ではどこでどんな暮らしをしているのか全く分からない人たちの、当時の旅のメッセージ、「慕辺未行 古い旅日記」の名のもとに、記録の一部として残していこうかと思います。

記念すべき寄せ書き第1号は、なんと外国人の男性で、九州へ向かう途中の倉敷ユースホステルで出会い、書いていただいたものです。

”My name is David Milston,from Sydney Australia.Please come and visit me in Sydney and write a letter to …………. The people I've met in Japan have been very shinsetsu to me so I would like the opportunity to show you Sydney.”

オーストラリア・シドニーから日本へ旅しに来ていたデビッドさんと言う男性で、日本で出会った人々はとても親切(shinsetsu)と、書かれていますね。何故この言葉だけ日本語で書いたのか分かりません。彼とは一期一会でしたが、あらためて読み返した今、寄せ書きノートの最初にふさわしいメッセージだと感じます。

スマホどころか携帯電話もなかったアナログ時代、旅先での出会いとその後も今とはずいぶん違うでしょう!そんなアナログ時代の旅のノートには、まだまだたくさんの旅仲間たちからのメッセージが残っています。その中から特に印象に残っている方や思い出深い人のメッセージを選んで、書き綴っていければ・・と思います。

180124

写真は、私の癒しのサイトでもある”ニコッとタウン”での一コマです (*^-^)

| | コメント (6)

2018年7月 1日 (日)

アーティチョークの花

皆様、おはこんにちばんは ヽ(´▽`)/

西日本では大雨に警戒と言うニュースが流れる一方で、関東では梅雨明け宣言が出たり、梅雨がないはずの北海道で連日雨が降ったり、おかしな気候になっていますがいかがお過ごしでしょうか?

先日の朝刊に近所にある公園で”アーティチョークの花が咲いた”との記事を見て、スーパーへの買い物途中、見てきました。この公園では数年前からアーティチョークの花を育てていて、私自身もこの公園で何度もお目にかかっています。しかしここ数日の気温が高かったせいか、すでに枯れてしまった花も多かったです。

Dscn1109
              アーティチョークの花

Dscn1111
まだこれから咲く花、枯れてしまった花、色々です。

アーティチョークの花以外にも、季節の花が目を楽しませてくれました。

Dscn1112
                ロシアンセージ

Dscn1115
                ききょう

Dscn1117
                アガパンサス

Dscn1119
               アルストロメリア

Dscn1125
               アジサイ

Dscn1128
                ユリ

Dscn1124
             そして、ヒマワリ!

連日30℃を超える暑さの中、時には雨が降ったりしてお花たちも元気なのかバテ気味なのか・・・それでも可憐な姿にホッと癒されます。

| | コメント (6)

2018年6月24日 (日)

私もその一人だ!

皆様、おはこんにちばんは ヽ(´▽`)/!

梅雨の季節、いかがお過ごしでしょうか?

メールボックスに届いていたメルマガで、こんな記事を見ました。
「親の介護が原因で社会復帰できぬ103万人の衝撃」

http://www.mag2.com/p/news/361531?utm_medium=email&utm_source=mag_W000000015_thu&utm_campaign=mag_9999_0621&l=khn01711f3

私はこの記事を読んで、「正に俺のことじゃないか?!」と思いました。
しかし、同じ立場の人がまだ100万人以上もいるのかと思うと驚愕であり、日本の社会や雇用側の認識不足を痛感せずにはいられません。

この記事の2ページの「親の年金は図らずも自分が生きていくためにも必要なお金」の言葉は”グサッ!”と胸に刺さりました。母の介護のために離職して何年経っただろうか?離職前は毎月10万円を”生活費”の一部と母に渡していました。母の痴呆症が日に日にひどくなり、「いつガス漏れなどによる事故が起きても不思議ではない」と感じ、とても安心して仕事ができず、離職を決意。介護離職した後も毎月10万円貯金を下ろして母に”生活費”として渡していました。私としては少なくとも百万から二百万円ほどは残っていると思っていました。しかし全く残っていませんでした。母は「そんなものない」と一言。何に使ったのか問い質しても答えない。おそらくは私が月に半分以上夜勤で留守にしていた日にカラオケで使いまくったのだと思います。それから私はさらに貯金を削り生命保険を解約しマイカーをも手放しました。今では、母が受け取る年金だけが今の私の生活に必要な唯一のお金です。

3ページにも気になることが書かれていました。
「外出する用事がなく、お客がくる予定がないと、とたんに、身だしなみも掃除も手抜きになります」
幸い私は身だしなみに関しては、用事や外出の有無に関わらずいつも同じです。何しろ週3回デーサービスに通う母を迎えに来る人がいますから!

そして先日、ケアマネージャーさんが地域の福祉施設である”いきいき支援センター”の方とともに訪問されました。
私だけでなく2週間交代で母の介護をしている姉も、介護の限界に近付いているとケアマネージャーさんが感じたようです。「特養の入所待ちしている状況ではない」と。
支援センターの方は、デーサービスを今のところに変更する際お世話になった方で、それ以降しばしば私のことを気にしてくれていたそうです。そして今回初めて訪問されました(支援センターは”要支援”レベルの方が対象で”要介護”レベルは地域のケアマネージャーに委任)。
支援センターの方は「お気を悪くするかもしれませんが・・・」と前置きをして、「生活保護を受けてみてはいかがでしょうか?」と。私自身、介護離職してかなりの年月が経ちます。マイカーを手放し、自分自身も頸椎ヘルニアの後遺症で障害がある(のですが、治療を中断せざるを得ず障害者手帳は持っていません)ものの医者へ通う費用もなくギリギリの生活を強いられています。2ヶ月に1回受け取っている母の年金で私が生活保護を受けられるかどうか分かりませんが、しかし受けることができれば母の特養入所に対しても「生活保護家庭を優先的に受け入れる」特養もあるそうで、さらに自宅での介護にしても介護に必要な物品(リハビリパンツや尿取りパッドなど)も、領収書を取っておいて申請すれば、後日全額返金されるそうです。
いずれにしても、現状を少しでも良くするために、ダメもとで”生活保護”の申請をするべきなんだ、と感じました。

もし生活保護を受けられることができれば、母の特養への入所も進展するでしょうし、私自身の持病の治療を再開することができるかもしれません。食事の際、箸を使えない・・書類などにきちんと文字を書けない今の私・・・、障害者の認定を受けることができるかもしれません。
私自身は生活保護も障害者手帳も決して望んではいませんが、生きるためには恥も外聞もプライドも何もかも捨てて、申請してみるべき・・・なのでしょうが、今だそれらを捨てきれない自分自身と葛藤しています。

どうかブロ友の皆様、良きアドバイスをお願いいたします。

| | コメント (8)

2018年5月 6日 (日)

松坂投手、復活勝利に感動!

皆様、おはこんにちばんは!

今年も早や4ヶ月が過ぎもう5月。いかがお過ごしでしょうか?

プロ野球が開幕して1ヶ月。名古屋生まれ・名古屋育ちの私は子供のころから”中日ドラゴンズ”ファンです。小・中学生のころは当時の中日球場(現:ナゴヤ球場)へ何度も足を運んだものでした。1974年の優勝を決めた試合も見に行っていました。

その後は強かったり弱かったり・・・のチームでしたが、落合監督時代は8年間で4度のリーグ優勝と1度の日本一!あの頃はTVで野球中継を見るのが楽しみでした。しかし、落合監督解任後は低迷。ここ数年はBクラスに甘んじ応援熱はすっかり萎んでしまいました。
今年も戦力的には「Bクラスは否めないなぁ!」と落胆していましたが、チーム成績とは別に楽しみができました。それは・・・

あの”平成の怪物”こと、松坂投手がテストを経て入団しました。私は「戦力になるのか?」と思いつつも「将来性が高い若い投手が多い中、松坂投手の入団は彼らにとって大いにプラスになる」と思いました。何しろコーチよりも実績・経験共に豊富な元メジャーリーガーですから。

2月のキャンプ、3月のオープン戦、報道を見る限りでは肩の様子を見ながら決して無理することなく順調に調整してきたようでしたが、オープン戦の結果を見る限り、野球ファンとしては不安が残る内容でした。しかしそれは杞憂でした。

公式戦が始まり、そしてついに松坂投手が4月5日ナゴヤドームで先発のマウンドに立ちました。相手はジャイアンツ。このゲームは試合開始と同時にTV中継があり、私は松坂投手がどんなピッチングをするのか興味津々で見ていました。結果は5回を投げ3失点(自責点は2)。しかし野手が緊張していたのか、まずい守備がいくつかあったので私としては5回を失点なしで抑えられた内容に映りました。Yahooニュースの記事にも「今日の松坂投手のピッチングを見た限り、肩の故障が再発しなければ十分に戦力になります。日本復帰後初勝利はそう遠くはないでしょう。」と書き込みました。

そして2度目の登板、7回2失点(自責点1)で粘りと気迫のピッチングを見せたものの、味方の援護なく、またも敗戦投手に。しかしこの日、私は確信しました。「次は絶対勝てる!」と。あの気迫あふれるピッチング、それを見殺しにした打者陣の奮起を期待して!

4月30日、松坂投手は3度目の先発マウンドに立ちました。相手は今シーズン5戦5敗のDeNAベイスターズ。チームも4連敗中で連敗ストッパーにと期待がかかります。が、コントロールが定まらず再三フォアボールでランナーを出し毎回ピンチの連続。それでも要所は締めて得点を与えません。味方打線はこの日は初回に爆発し3点を先行し松坂投手の勝利に期待が高まります。しかし5回に満塁から押し出しのフォアボールを与え1点を失います。それでも失点はこの1点だけに抑え6回まで投げ切り後はリリーフ投手に託しました。

ドラゴンズは初回の3点だけで3-1のまま逃げ切り、ついに松坂投手に勝利がつきました \(^o^)/バンザーイ! オメデトウ!
勝利の瞬間、満面の笑みで喜ぶ松坂投手!とても印象的でした。ヒーローインタビューを聞いて驚いたのは、押し出しで与えた1点、あれは「打たれて2~3点取られるなら、押し出しで1点やってもいい」と、計算ずくのことだったこと。しかしそれは次の打者を抑えられるかどうか・・・?なのですが、更に驚いたことに、次打者を「1球で仕留める」つもりで投げたチェンジアップで目論見通りに1球でファーストゴロに打ち取りました。
いやはや・・・こんなピッチャーが他にいますか?!若いピッチャーに「真似をしろ」と言っても無理でしょう!?

入団前は賛否両論あり、入団後は”客寄せパンダ”と揶揄されたりしていましたが、それらの言葉を吹き飛ばすほどのピッチング内容です。「”平成の怪物”完全復活!」と言ってもいいかもしれませんね。
松坂投手。、本当におめでとうございます。今後も益々の活躍を期待しています。

0430_1

松坂投手。写真はネットからお借りしました。

*もっと早くこのブログを公開したかったのですが、皆様に伝えたい思いや印象が数々あって記事が長くなり、ブログアップが遅くなりました。

| | コメント (8)

«もう4月・・でしたね..